1. トップ
  2. 学校・団体
  3. メディカル・ケア、「認知症教育の出前授業」を富士見市立勝瀬中学校で実施

2023年2月17日

メディカル・ケア、「認知症教育の出前授業」を富士見市立勝瀬中学校で実施

学研グループのメディカル・ケア・サービスは、2月27日に、埼玉県の富士見市立勝瀬中学校の3年生約240人を対象に「認知症教育の出前授業」を行う。

同授業は昨年9月から、埼玉・さいたま市を対象に実施の募集を始めていたが、同県外からも複数の依頼が寄せられ、今年2月から埼玉・東京・神奈川・千葉県にエリアを拡大して募集を開始。

今回、勝瀬中学校から、福祉の授業の一環として「認知症教育の出前授業」を依頼されたことから、実施に至った。

出前授業で講師を務めるのは、同社認知症戦略部長/コーポレートコミュニケーション室長で、「日本一かっこいい介護福祉士」と称され、延べ1000回、聴講者数延べ6万人超の講演実績がある杉本浩司氏。

当日は、これからの地域社会を創っていく子どもたちに、「認知症」や「少子高齢化」「多様性」という社会的なテーマを考えてもらい、個人ワークやグループワーク、発表を通して仲間と一緒に意見を出し合ってもらう。

実施概要

実施日時:2月27日(月)8:50~12:40
実施場所:富士見市立勝瀬中学校[埼玉県富士見市大字勝瀬400-1]
対 象:中学3年生7クラス約240人(保護者の参観も募集予定)
主な内容:
・高齢者の5人に1人が認知症になったとき、どういう社会になるか
・自分の大事な人が認知症になったらどうするべきか
・どのような未来を創っていったらいいか、みんなにできることは
講 師:「メディカル・ケア・サービス」認知症戦略部長/コーポレートコミュニケーション室長・杉本浩司氏

関連URL

メディカル・ケア・サービス

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス