1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 国立科学博物館、沖縄県内の小中校と共同で「オンライン博物館観賞体験」実施

2023年2月17日

国立科学博物館、沖縄県内の小中校と共同で「オンライン博物館観賞体験」実施

国立科学博物館は、沖縄県内の小・中学校と共同で、オンラインを活用した「博物館鑑賞・学習事業」を2月24日からスタートさせる。

同事業では、沖縄本島と離島の学校の子どもたちがオンラインを活用。同博物館の各研究員が、沖縄をフィールドとした研究内容や同博物館の展示を使用して、各専門分野について分かりやすく解説。

科学系博物館が少ない地域の子どもたちと沖縄の自然史の謎に迫り、豊かな自然環境と風土がある沖縄の子どもたちの科学リテラシーを育む。

実施概要

実施方法:オンラインによる博物館鑑賞
スケジュール:
①「ホモ・サピエンスの世界拡散と沖縄の旧石器人」
実施日時:2月24日(金) 11:05~11:55、12:55~13:45
対 象:沖縄県立球陽中学校〈研究員は国立科学博物館からオンラインで解説〉
案内役:藤田祐樹氏 (国立科学博物館・人類研究部人類史研究グループ・研究主幹)

②「生物多様性と石垣島の貴重な植物」
実施日時:3月6日(月) 10:35~11:20
対 象:石垣市立伊野田小学校(研究員は現地で解説)
案内役:國府方吾郎氏 (国立科学博物館・植物研究部多様性解析保全グループ・研究主幹)

③ 「渡名喜島のまわりにある深海の海底火山のはなし」(小学生向け)、「琉球諸島の地史と活動的な海底火山活動」(中学生向け)
実施日時:3月13日(月) 13:50~14:35(小学生)、14:45~15:35(中学生)
対 象:渡名喜村立小中学校(研究員は現地で解説)
案内役:谷健一郎氏 (国立科学博物館・地学研究部鉱物科学研究グループ・研究主幹)

④琉球大学病院小児科にて実施予定(詳細は後日発表)

詳細(PDF)

関連URL

国立科学博物館

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス