1. トップ
  2. データ・資料
  3. 1日あたりのSNS利用時間、10代は3年前の1.3倍に、ジャストシステム調べ

2018年11月14日

1日あたりのSNS利用時間、10代は3年前の1.3倍に、ジャストシステム調べ

ジャストシステムは13日、情報サイト「Marketing Research Camp」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年10月度)」の結果をまとめ発表した。

fa_report-monthly-20181113.pdf-000076それによると、今年10月に発表され、11月に発売を開始したGoogle製スマートフォン「Google Pixel 3」を、「知っていて、興味がある」人は16.3%、「知っているが、興味はない」人は13.2%だった。発表からそれほどまだ時間が経っていないにもかかわらず、約3割がすでに認知していた。

スマートフォンユーザーが日常的に情報収集に利用しているメディアは、「スマホからのインターネットやアプリ」75.7%が最も多く、 次いで「TV」70.9%、「パソコンからのインターネット」63.3%だった。

スマートフォンでの情報収集方法は、「インターネット」が最も多く83.3%、次いで「新聞社やTV局以外のニュースアプリ」50.3%、「SNSの投稿やニュースコンテンツ」40.9%。

年代別に見ると、 いずれの年代でも最も活用されているのは「インターネット」だったが、 次に活用されているのは10代と20代は「SNSの投稿やニュースコンテンツ」 (10代:70.6%、20代:55.3%)であるのに対し、30代以降は「新聞社やTV局以外のニュースアプリ」(30代:47.1%、40代:50.7%、50代:53.8%、60代:70.1%)だった。

ジャンル別に1日あたりのアプリ平均利用時間では、10代は「動画アプリ」が最も⻑く96.2分、次いで「SNSアプリ」88.7分、「ゲームアプリ」83.5分だった。

「動画アプリ」「SNSアプリ」「ゲームアプリ」ともに、前回調査時(2015年12月度調査)の平均利用時間を上回った。前回調査での10代の「動画アプリ」平均利用時間は58.1分、「SNSアプリ」は68.5分、「ゲームアプリ」は58.8分だった。

この調査は、17~69歳の男女1100人を対象に、10月25日~29日に実施した。

関連URL

調査レポート詳細

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ ICT教育モデル校が積極導入! 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス