1. トップ
  2. データ・資料
  3. 格安スマホの利用率が3年間で約4倍に、ジャストシステム調べ

2018年8月23日

格安スマホの利用率が3年間で約4倍に、ジャストシステム調べ

ジャストシステムは22日、情報サイト「Marketing Research Camp」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利⽤して実施した「モバイル&ソーシャルメディア⽉次定点調査(2018年7⽉度)」の結果をまとめ発表した。

fa_report-monthly-20180822.pdf-000062同調査は、15歳〜69歳の男⼥1100人を対象に、7⽉18⽇〜24⽇に実施した。

それによると現在、格安スマートフォン(格安SIM)を利⽤している⼈は21.5%で、初めて調査を実施した2015年5⽉度調査(5.8%)に⽐べ、⼤幅(約4倍)に増加した。

新しいスマートフォンを購⼊する際、価格以外の性能⾯で重視することを1つだけ答えてもらったところ、「電池容量」(58.4%)を挙げた⼈が最も多く、次いで「画⾯の⾒やすさ・きれいさ」(53.8%)、「本体メモリの容量」(53.2%)だった。

10代に限って⾒ると、「本体メモリの容量」(69.1%)が最も多く、次いで「電池容量」(64.9%)、「画⾯の⾒やすさ・きれいさ」(61.7%)。他の世代に⽐べ、「本体メモリの容量」とともに、「カメラの画素数」(50.0%)と「カメラの映像品質」(47.9%)を重視する⼈が多かった。

今後、発売が期待されている新型iPhoneについて、「とても興味を持っていて、購⼊を検討している」⼈は10.8%、「とても興味を持っているが、購⼊検討までは⾄らない」は12.8%、「やや興味を持っている」は22.6%。合計すると46.2%で、5割近くが興味を持っていた。⼀⽅、「あまり興味がない」⼈は21.4%、「興味がない」は25.6%。

スマートウォッチ(時計型端末)を「現在、使⽤している」⼈は4.1%で、初めて調査を実施した2014年6⽉度調査(1.7%)と⽐べ2.4ポイント増加。また、「興味がない」⼈も41.4%と、2014年6⽉度調査(27.0%)より14.4ポイント増加した。

関連URL

詳細ページ

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
立命館守山中学校・高等学校 ICT公開授業研究会 11.16土 with Classi 詳細はこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス