1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 子どもたちがコミュニケーションロボットで「商店街のにぎわい」創出

2018年12月10日

子どもたちがコミュニケーションロボットで「商店街のにぎわい」創出

MIHARAプログラミング教育推進協議会は、28人の小・中学生とメンターが協力し、「商店街のにぎわい創出」に貢献するコミュニケーションロボット(シャープ製「ロボホン」)をプログラミングすると発表した。

d35999-7-784505-0プログラムしたロボット(5~7台)は、15日~26日の期間に三原市内7カ所の飲食店やホテルに設置・公開し、その店舗の業務活動を支援する。

また、地域住民がロボットとのコミュニケーションを体験できるよう「ロボット探検ラリー」も併せて開催。

公開前日の14日(17:00~17:30)には、プログラミングに参加した児童・生徒が三原市長を訪問し、ロボット設置の報告を行う。

さらに23日(13:30~15:00)には、アクションセンター三原で、元Google米国本社副社長で日本法人代表取締役社長の村上憲郎氏が「グローバル時代を生き抜くための人材育成」について講演する。

同協議会は、今年8月から、三原市と企業および市民団体や大学などの協力を得て、プログラミング教育の担い手となる地域のメンター(指導者)を育成するとともに、小・中学生向けの講座を実施。これまでに公募により24人のメンターを、研修会などの開催を通じて育成してきた。

□MIHARAプログラミング教育推進協議会

関連URL

三原市内での活動の詳細

MIHARAプログラミング教育推進協議会

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス