1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「キッズ@nifty」、小中学生が選ぶ今年の漢字は2年連続で「恋」

2018年12月11日

「キッズ@nifty」、小中学生が選ぶ今年の漢字は2年連続で「恋」

ニフティが運営する子ども向けサイト「キッズ@nifty」は10日、小・中学生から集まった「小・中学生が選ぶ2018年の漢字」を発表した。

d23383-82-157977-1同発表は、今年で2回目だが、2017年に続き、2018年も第1位には「恋」(50票)がランクインした。「恋」は小・中学生にとって最大の関心事であることがうかがえる。

第2位は「災」(31票)。地震や豪雨など、今年は各地で自然災害が発生したことが子どもたちにとっても印象深かったようだ。

以下、3位「楽」(22票)、4位「新」(20票)、5位「終」(18票)、6位「涙」(16票)、7位「友」(14票)、8位は「変」、「笑」、「幸」(各12票)、9位「平」(11票)、10位「疲」(9票)という結果だった。

回答の多かった小5~中1について学年別の結果をみると、小5は「恋」、「災」、「夢」の順で、小6は「恋」、「終」、「災」、中1は「新」、「恋」、「楽・笑」の順に多かった。

同調査は、10月9日~11月25日にかけて集計。有効回答数は563件。

関連URL

「小・中学生が選ぶ今年の漢字は?」(投稿ページ

キッズ@nifty

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス