1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小・中学生が選ぶ今年の漢字、第1位は「密」で「恋」の4連覇はならず =「キッズ@nifty」が募集=

2020年12月11日

小・中学生が選ぶ今年の漢字、第1位は「密」で「恋」の4連覇はならず =「キッズ@nifty」が募集=

ニフティは10日、同社の子ども向けサイト「キッズ@nifty」が子どもたちから募集した「小・中学生が選ぶ2020年の漢字」を発表した。

それによると、2020年の漢字第1位となったのは「密」だった。新型コロナの感染拡大につながる「密閉・密集・密接」を表した「3密」という言葉が多くの場面で使用され、子どもたちにとっても「密」の字が強く印象に残ったようだ。

第2位は「新」。これも、「新型コロナ」や「新しい生活様式」など、新型コロナに関連して選んだという声があった一方、「新しい学校生活が始まった」「自粛期間中に新しいことに挑戦した」など、前向きに頑張っている子どもたちからのコメントも多く見られた。

第3位は「恋」。小・中学生にとって普遍的な関心事である「恋」は、同社の調査で過去3年連続1位となっていたが、4連覇はならなかった。今年は、子どもたちにとって、自身の身近な出来事以上に新型コロナがインパクトの大きい出来事だったようだ。

また、ランク外でのユニークな回答として、漢字をカタカナの「コ」「ロ」「ナ」に分解できる「君」(13位)や、「密」を間違えて書いてしまったと思われる「蜜」(16位)など、子どもならではの微笑ましい回答も寄せられた。

「小・中学生が選ぶ今年の漢字」は、「キッズ@nifty」の「キッズなんでも相談」のコーナーで、2020年を表す漢字と、その漢字を選んだ理由について投稿を募集し、集まった回答結果をまとめたもの。今年は10月2日~11月25日の期間、投稿を受付けた。有効回答数は877件。

関連URL

「小・中学生が選ぶ2020年の漢字」の詳細

「キッズ@nifty」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 1人1台活用の事例紹介 辞書アプリDONGRI活用セミナー 1/16(土)・22(金)
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス