1. トップ
  2. データ・資料
  3. 1人1台の端末配布、約9割の小中校が実施済み=「キッズ@nifty」調べ=

2021年9月22日

1人1台の端末配布、約9割の小中校が実施済み=「キッズ@nifty」調べ=

ニフティは21日、同社の子ども向けサイト「キッズ@nifty」が、小中学生を中心とした子ども3920人を対象に、自分専用のケータイやスマホを持っているか、家族と決めた利用ルールがあるか、学校から学習用タブレットが配布されたか、などについてアンケートした「ケータイ・スマホに関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「自分専用のケータイやスマホなどを持っているか」との質問には、小学生の半数(50%)、中学生の約7割(74%)が「持っている」と回答。「持っていない」は、小学生50%、中学生26%だった。

では、「いつから持っているのか」を聞いたところ、8割以上が小学生のうちから自分専用のケータイやスマホを所有していることが分かった。

持ち始めた時期は、小学生は「小学4年生」(19%)が最も多く、中学生は「中学1年生」(36%)がトップだった。

2018年に「キッズ@nifty」が行った調査では、スマホを所有する年齢は11歳~14歳が約8割を占め、10歳以下は約15%ほどだったが、この3年でケータイやスマホ所有の低年齢化が進んでいることが分かった。

「おうちの人と決めた利用ルールはあるか」を聞いたところ、小中生の約7割(68%)が、家族と決めたルールが「ある」と回答したが、中学生の方がやや高い割合だった。また、2018年の調査と比較すると、家庭でのルールを決めている割合は1割程度下がっていた。

「どんな利用ルールがあるのか」を聞いたところ、多かったのは「知らない人とやりとりしない」と「個人情報を書き込まない」の2つがともに60%で最も多かった。

SNSを通じて子どもが犯罪に巻き込まれる事件なども増えており、子どもにスマホを持たせる際にはそうしたトラブルを心配してルールを決めている保護者が多いようだ。「その他」では、「1日2時間まで」など利用時間に関するルールが多く見られた。

「学校から学習用タブレットやパソコンは配布されたか」を聞いたところ、9割近く(87%)が「配布された」と回答。パソコンよりもタブレットの方がやや高い割合となっていた。

文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」では1人1台の端末環境整備が掲げられているが、すでに9割近くの小中学校で端末の配布が進んでいる状況が見えた。

配布されたパソコンなどを「実際にはどんな風に使っているのか」を聞いたところ、利用用途で最も多かったのは「勉強・調べもの」(88%)で、次いで「授業」(73%)だった。

「動画を見る」(29%)、「ゲーム」(16%)、「SNS」(7%)といった回答も見られ、学習用として配布された端末だが、それ以外の用途で使っている子どもたちも一部いた。

「どの授業でタブレットを使っているか」を聞いたところ、最も多かったのは「国語」(70%)で、以下、「社会」(63%)、「理科」(57%)、「算数・数学」(50%)などが続いた。

また、「その他」では、テーマに沿って自分で調べてまとめる学習などを行う「総合」の回答が2割程度あった。

この調査は、全国の小中学生を中心とした子どもたちを対象に、8月1日~31日の1カ月間かけて実施。有効回答数は3920人。

関連URL

調査結果の詳細

「キッズ@nifty」

ニフティ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス