1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小中学生、なりたい職業1位は「マンガ家・アニメーター」で、親に勧められた職業は「医者」=キッズ@nifty調べ=

2021年4月15日

小中学生、なりたい職業1位は「マンガ家・アニメーター」で、親に勧められた職業は「医者」=キッズ@nifty調べ=

ニフティは14日、同社の子ども向けサイト「キッズ@nifty」で、小中学生を中心とした子どもたち2448人を対象に実施した「なりたい職業に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「なりたい職業はあるか」との質問には、小中学生の約9割がなりたい職業が「ある」と回答。


「どんな職業になりたいか」を選んでもらったところ、小中学生がなりたい職業第1位は「マンガ家・アニメーター・イラストレーター」11%で、2位は「学校の先生」と「声優」がともに6%という結果だった。

トップ3の中の2つをマンガやアニメに関連する職業が占める結果となり、「鬼滅の刃」の大ヒットに象徴されるように、昨今ではアニメが幅広い層に親しまれていて、子どもたちにとっても憧れの職業となっていることが伺える。

その職業につきたい理由やきっかけを聞いたところ、「自分に向いていると思う・好きなことだから」が60%前後でトップだった。中学生では「人の役に立ちたいから」33%という理由も増えていた。

「保護者など家の人に何か職業を勧められたことがあるか」を聞いたところ、小中学生の約半数(51%)が、親から特定の職業を「勧められたことがある」と回答。

「どんな職業を勧められたか」を聞いたところ、最も多かったのは「医者」19%だった。以下、「公務員」と「看護師」がともに18%、「薬剤師」14%などが続いた。

親としては収入が安定しているイメージの職業を勧める一方、子どもたち自身は、好きなことや憧れていることをなりたい職業として挙げている傾向があり、親子間でのギャップが垣間見える調査結果となった。

この調査は、全国の小中学生を対象に、3月1日~3月31日にかけて実施。有効回答数は2448件。

関連URL

調査結果の詳細

「キッズ@nifty」

ニフティ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス