1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小中学生がなりたい職業、2位に「学校の先生」がランクイン=キッズ@nifty調べ=

2022年4月7日

小中学生がなりたい職業、2位に「学校の先生」がランクイン=キッズ@nifty調べ=

ニフティは6日、同社の子ども向けサイト「キッズ@nifty」が、全国の小中学生6288人を対象に実施した、「なりたい職業に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「なりたい職業があるか」と質問したところ、小学生の9割(90%)、中学生の約8割(82%)が、なりたい職業が「ある」と回答した。

「なりたい具体的な職業」を聞いたところ、1位は昨年に続き「マンガ家・アニメーター・イラストレーター」10%で、2位に「医者」5%と「学校の先生」5%がランクイン。また、昨年と比較すると、「医者」「ユーチューバー」「歌い手」の順位が上がった。

「なりたい職業のために取りたいと思っている資格はあるか」を聞いたところ、中学生の4割以上(44%)が取りたい資格が「ある」と回答し、どうすればなりたい職業に就くことができるかを調べている様子がうかがえる。

「取りたい資格」を聞いたところ、最も多かったのは「英検・TOEIC」で、2位以下には、「医師免許」「教員免許」「看護師免許」など、その職業に就くために必要となる免許の資格が並んだ。

「親から何か職業を薦められたことがあるか」と質問したところ、小学生の41%、中学生の46%が「ある」と回答した。

「親から薦められた職業」を聞いたところ、小中学生とも最も多かったのは「医者」で、小学生では次いで「看護師」「薬剤師」となり、医療系の職業が上位だった。

中学生では、「医者」と同率で「公務員」が並び、親が希望するのは、安定したイメージのある職業や、専門的な資格を必要とする職業であることがうかがえる結果となった。

この調査は、全国の小中学生を対象に、2月14日~3月17日にかけて実施。有効回答数は6288人。

関連URL

調査結果の詳細

「キッズ@nifty」

ニフティ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス