1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小中学生が働きたい業種、TOP3は「情報通信」「食品」「医薬品」=バリューズフュージョン調べ=

2022年4月7日

小中学生が働きたい業種、TOP3は「情報通信」「食品」「医薬品」=バリューズフュージョン調べ=

バリューズフュージョンは6日、同社の社内組織「子どもと社会研究所」が、小学校5年~中学3年生までの子ども400人を対象に実施した、「小中学生の職業意識調査」の結果をまとめ発表した。


それによると、「業種名から仕事内容が思い浮かぶか」という質問では、「銀行」92.3%、「自動車・輸送機」88.3%、「食品」82.5%が上位3業種となった。

一方、「素材・化学」36.5%、「商社・卸売」37.0%、「鉄鋼・非鉄」39.8%をはじめとするBtoBの業種は全体的に仕事内容の想起率が低く、上位業種の半分以下の数値だった。

「個々の業種名から思い浮かぶ企業」という質問でも、「素材・化学」(146)、「商社・卸売」(148) 、「鉄鋼・非鉄」(159)は何らかの企業名が想起される割合が全体的に低く、上位3業種の「銀行」(369)、「自動車・輸送機」(353)、「食品」(330)の半数以下になっている。

なお、業種によっては「自動車・輸送機」のトヨタ、「運輸・物流」のヤマト運輸、「エネルギー資源」のENEOSのように、2位以下と大きく差をつけて想起される企業が存在する。

個々の業種名への就職意向では、「情報通信サービスその他」36.9%、「食品」31.5%、「医薬品」30.7%が上位3業種、次いで「商社・卸売」30.4%が続く。

一方、「鉄鋼・非鉄」12.6%、「電力・ガス」15.5%、「物流・運輸」15.5%、「建設・資材」15.6%は17業種中、下位傾向にある。

働いてみたいと回答した理由として、「仕事の内容がある程度思い浮かぶから」という理由で上位になった業種は「食品」52.9%、「医薬品」51.0%、「銀行」43.2%。

「鉄鋼・非鉄」15%、「機械」23.1%、「電気・精密」30.2%は下位で、一部の例外はあるものの、全般的に仕事内容がイメージできるかどうかは就職意向と相関性が高い傾向にある。

「環境への取り組みが進んでいると思う」と回答した比率が高かった業種は、「食品」42.0%、「自動車・輸送機」40.5%、「エネルギー資源」40.3%の3業種が40%を越え、突出。

一方、比率が低かったのは「金融」10.8%、「不動産」10.8%、「銀行」12.8%、「鋼鉄・非鉄」13.0%。

この調査は、首都圏(1都7県)の小学5年~中学3年生までの子ども(保護者と一緒に回答)を対象に、2月21日~24日にかけて実施。有効回答数は400人で、内訳は「小学生男子」(5〜6年生)100人、小学生女子(5〜6年生)100人、「中学生男子」100人、「中学生女子」100人。

関連URL

調査結果の詳細

Values Fusion (バリューズフュージョン)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス