1. トップ
  2. データ・資料
  3. 中学生の悩み、TOP3は「成績」「友人関係」「運動」 =おうち教材の森調べ=

2022年6月17日

中学生の悩み、TOP3は「成績」「友人関係」「運動」 =おうち教材の森調べ=

ARINAは16日、同社の教育メディア「おうち教材の森」が、中学生以下の子どもを持つ全国の親200人を対象に実施した、「中学生の子どもが悩んでいることは?」と題するアンケート調査の結果をまとめ発表した。

それによると、「中学生の子どもが悩んでいること」の1位は「成績が伸びない」(66人)だった。「誘惑が増えて成績が落ちる」、「きちんと学習しているように見えるが、テストの成績が上がらず、希望の高校に行けるか心配」などの声が寄せられた。

2位は「友人関係が苦手」(55人)。「SNSが流行り、友人の言動を気にするようになった」、「仲の良い友達はいるが、仲の悪い友達とは全く相性が合わない」、「女の子だが、友達との関係がうまく行かなくなり悩んでいる様子」といった声が寄せられた。

3位は「運動が苦手」(23人)で、「体が固く、部活で思うように成績が伸びないらしい」、「運動神経が鈍いので運動全般を苦手と思って悩んでいる」などの声が寄せられた。

4位は「将来の夢がない」(15人)。「自分が本当は何をしたいのかということで、悩んでいるように感じる」、「周りの子は将来の夢を話し始めるため、自分にはない時周りと比べてしまい悩みの種になる」といった声が挙がった。

5位は「ダイエット・美容」(14人)で、「太ってしまう年頃だから」、「最近の子はスタイルの良い子ばかりなので、周りと比べてしまうので」といった心配の声が寄せられた。

以下、6位「親とのコミュニケーション」(12人)、7位「習い事が苦手」(3人)が続いた。

この調査は、中学生以下の子どもを持つ全国の親200人(10代:6人、20代:33人、30代:78人、40代:54人、50代:22人、60代以上:7人)を対象に、3月3日にインターネットで実施した。

関連URL

調査結果の詳細

「おうち教材の森」

ARINA

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス