1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どもの家庭学習をみるのは、1位「母親」、2位「本人任せ」、3位「父親」 =おうち教材の森調べ=

2022年7月15日

子どもの家庭学習をみるのは、1位「母親」、2位「本人任せ」、3位「父親」 =おうち教材の森調べ=

ARINAは14日、同社の教育メディア「おうち教材の森」が、中学生以下の子どもを持つ全国の親200人を対象に実施した、「子どもの家庭学習をみるのはだれ?」と題するアンケート調査の結果をまとめ発表した。

それによると、「子どもの家庭学習をみる」1位は、母親(109人)だった。「父親は無関心だから、いつも母親が子どもの宿題を見ている」、「子どもといる時間が母親の方が長いので、主に母親が見ている」、「子どもが言う事を聞きやすいので」などの声が寄せられた。

2位は「本人に任せている」(56人)で、「基本的には本人任せだが、分からないことがある時はすぐ近くの人に聞くよう伝えてある」、「1人で学習したいようなので」、「自主性を尊重したいから」、「親が勉強した内容を忘れてしまっているから」といった声が寄せられた。

3位は「父親」(19人)。「分からないことを教えてあげられるから」、「夫が教育熱心で、母親(自分)が宿題に口を出すと感情的になるので夫に任せている」などの声が寄せられた。

4位は「兄弟」(5人)で、「年齢の近い兄が見ることで子ども本人の分からない部分まで理解し、分かりやすく説明できるから」、「年齢も近くて親より教えるのが上手だから」といった声が寄せられた。以下、5位「家庭教師」(4人)、6位「祖母」(2人)と続いた。

この調査は、中学生以下の子どもを持つ全国の親を対象に、3月2日にインターネットで実施した。有効回答数は200人(10代1人、20代51人、30代85人、40代46人、50代13人、60代以上4人)。

関連URL

調査結果の詳細

「おうち教材の森」

ARINA

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス