1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小中学生が朝食に食べているモノ、1位「白米」2位「菓子パン」3位「ヨーグルト」=「おうち教材の森」調べ=

2022年4月21日

小中学生が朝食に食べているモノ、1位「白米」2位「菓子パン」3位「ヨーグルト」=「おうち教材の森」調べ=

ARINAは20日、同社の教育メディア「おうち教材の森」が、中学生以下の子どもを持つ全国の親200人を対象に実施した、「小中学生が朝食に最も食べているもの」のアンケート調査の結果をまとめ発表した。


それによると、1位は「白米」79人で、「日本人なので米が1番だと思う」「毎朝ご飯のメニューなので」「卵かけご飯、ふりかけご飯が好きなのと、目玉焼きやウインナー、味噌汁にはご飯が合うので」「腹持ちがいいから」などの声が寄せられた。

2位は「菓子パン」42人。「手軽だから」「食べやすいこととお腹も満たされるから」「手軽に簡単に食べられるから」「パッと食べられる物だから」といった声が寄せられた。

3位は「ヨーグルト」26人で、「食欲がなくても食べやすい」「習慣化している」「時間がなくても寝起きでも食べやすいので」などの声が寄せられた。

4位は「惣菜パン」22人で、「甘くないから朝にいい」「腹持ちが良く、食べやすいから」「栄養もあって美味しいから」などの声が寄せられた。

5位の「食パン(トースト)」17人には、「朝は眠いので、軽く食パンにジャムが1番」「手軽で良い」「自分でトッピングや焼き加減を決められるから」といった声が寄せられ、6位「果物」7人には、「バナナがいちばん早く食べられるから」「朝は果物で糖分を取るのがいいと聞いたから」などの声が寄せられた。

この調査は、小中学生の子どもを持つ全国の親200人(10代2人、20代28人、30代91人、40代59人、50代15人、60代以上5人)を対象に、3月3日にインターネットで実施した。

関連URL

調査結果の詳細

「おうち教材の森」

ARINA

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス