1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どもに携帯電話を持たせる際の心配ごと、第1位は「長時間利用」=Soldi調べ=

2022年4月21日

子どもに携帯電話を持たせる際の心配ごと、第1位は「長時間利用」=Soldi調べ=

エイチームライフデザインは20日、同社の通信費・家計見直しサイト「Soldi(ソルディ)」が、24歳以下の子どもがいる保護者640人を対象に実施した、「子どもの携帯電話事情についての調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、子どもが携帯電話を初めて持つタイミングについては、「小学1年生」18.1%が最も多く、以下、「小学6年生」12.7%、「小学3年生」と「中学3年生」の11.7%などが続いた。

子どもに携帯電話を持たせた理由を聞いたところ、1位は「緊急時の連絡のため」、2位は「入学や新学期に合わせて」、3位は「周りの友達で持つ子が増えてきたから」が挙げられた。入学などで新しく始まる環境に合わせて携帯電話デビューをしているようだ。

子どもに携帯電話デビューをさせた保護者に、「心配していること」を聞いたところ、1位は「携帯電話の長時間利用」50%、2位は「視力の低下」36%、3位は「学力の低下」29%という結果になり、保護者が子どもへの悪影響を心配していることが分かる。

心配ごとを解消するために行った「具体的な対策」を聞いたところ、1位は「フィルタリング(アクセス制限)機能」45%、2位は「プラン(料金)の制限」28%、3位は「何もしていない」24%だった。

このほか、「利用アプリの制限機能」23%、「位置情報監視(GPS)機能」22%など、様々な機能の活用と制限対策を行っていることが分かった。

一方で、携帯電話を「持たせている」保護者が最も心配している項目として挙げられた「利用時間制限」に関して、対策ができている保護者は約1割程度ということも分かった。

また、「子どもに携帯電話を持たせない理由」を聞いたところ、7割以上(76%)の保護者が「まだ携帯電話を持つには幼いと思うから」と回答。

小学校入学前から小学生・中学生・高校生・大学生と、世代を問わず「まだ携帯電話を持つには幼いと思うから」という回答が最多になったことから、子どもの年齢に関係なく、携帯電話を持たせるのは心配だという親心が垣間みえる。

また、子どもに携帯電話を持たせてない保護者に、「どういうことができたら携帯電話を持たせようと思うか」と聞いたところ、「アプリの利用制限」や「携帯電話の利用時間制限」、「位置情報の監視」、「不適切なサイトのフィルタリング」が多く挙げられた。

この調査は、同社の引越し比較・予約サイト「引越し侍」のユーザーで、24歳以下の子どもがいる全国の保護者640人を対象に、3月1日~24日にかけて、インターネットで実施。

関連URL

調査結果の詳細

「Soldi」

エイチーム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス