1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どもが宿題をする場所、TOP3は「リビング」「子供部屋」「ダイニング」=ARINA調べ=

2022年6月15日

子どもが宿題をする場所、TOP3は「リビング」「子供部屋」「ダイニング」=ARINA調べ=

ARINAは14日、同社の教育メディア「おうち教材の森」が、中学生以下の子どもを持つ全国の親200人を対象に実施した、「子どもが宿題や自習を行う場所は?」と題するアンケート調査の結果をまとめ発表した。


それによると、「子どもが宿題や自習を行う場所」の1位は「リビング(自宅)」だった。「みんながいるところの方が集中できるから」、「部屋よりリビングの方が見てあげられるから」、「目が届くところにいて欲しいから」などの声が寄せられた。

2位は「子供部屋」。「集中できるから」、「外やリビングなどは気が散るだろうから子供部屋ですると良いと感じたから」、「机があって勉強に取り組みやすいし、勉強道具が子供部屋にあるから」などの意見が挙げられた。

3位は「ダイニング(自宅)」で、「私が料理をしている間に勉強をさせているから」、「この場所でするように決めているから」などといった声が寄せられた。

4位は「図書館」。「落ち着いて集中してできる」、「環境もよく一番集中して勉強できる場所なので」、「落ち着いて勉強ができるから」といった意見が挙げられた。

5位は「学校」で、「集中できるため」、「学校の自習室を利用しているため」などの声が寄せられた。また6位は「塾」で、「わからない事は先生に聞けるし、友達もいるので」、「宿題を塾に持っていき、終わらせてから帰ってくるので」などの声が寄せられた。

この調査は、中学生以下の子どもを持つ全国の親200人(10代:4人、20代:43人、30代:88人、40代:44人、50代:17人、60代以上:4人)を対象に、3月3日にインターネットで実施した。

関連URL

調査結果の詳細

「おうち教材の森」

ARINA

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス