1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どものスマホ使用制限、TOP3は「閲覧サイト」「時間」「アプリ」 =ahamo調べ=

2022年6月17日

子どものスマホ使用制限、TOP3は「閲覧サイト」「時間」「アプリ」 =ahamo調べ=

レビューは17日、同社の情報メディア「ahamo」が、全国の20歳以上の男女150人を対象に実施した、「子どもに自分専用のスマホを持たせた時、どこまで自由に使用させているか」と題するアンケート調査の結果をまとめ発表した。

それによると、1位になったのは「閲覧できるサイトの制限あり」で、全体の29.3%の男女が回答。

「時間や場所の制限やゲームのやり過ぎなどより、知らない人と繋がるのが怖いと思ったので、スマホのスクリーンタイムで制限をかけた」(女性50代)、「(子どもが)まだ未成年なので、閲覧制限したほうが安心して持たせることが出来ると思うから」(女性40代)などの意見が寄せられた。

2位は「時間の制限あり」。「ダラダラと使って欲しくないので時間制限ありにした」(女性30代)、「動画が好きなので、集中しだすと時間を忘れて見てしまう。スマホが使えなくなれば諦めるので、そうしている」(女性40代)といった意見が集まった。

3位は「使用できるアプリの制限あり」で、「親の把握できないところで、危険なつながりを持たないようにしたかったから」(女性40代)、「間違って何かを購入してしまったり、お金がかかるボタンを押してしまっては困るので、1つのフォルダにまとめてそこしか触らないでねと伝えている」(女性30代)などの声が寄せられた。

4位は「そもそもスマホを持たせない」という意見。「スマホを持つ事で、ゲームやSNSなどスマホを見る時間が長くなり、生活リズムが崩れたり家族とのコミュニケーションが減ると思うから」(女性30代)といった声が挙がった。

一方、5位は「制限なにもなし」だった。「制限をつけるほど、どうにかしてルールを破る方法を考えてしまうので、親がこまめにチェックして声掛けをするようにしている」(女性30代)、「制限フィルタリングをかけたところで突破される事が多いので、なにも制限をしないようにした。ただ、悪いことはしないように伝えてある」(女性20代)などといった声が寄せられた。

以下、6位「(使う)場所の制限あり」、7位「繋がれる友達の制限あり」、8位「その他」と続いた。

この調査は、全国の20代以降の男女を対象に、6月にインターネットで実施した。有効回答数は150人(女性117人、男性33人)。

関連URL

調査結果の詳細

「ahamo」

レビュー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス