1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小中学生が今年頑張ろうと思うこと、TOP3は「勉強・受験」「推し活」「恋愛」=キッズ@nifty調べ=

2022年1月13日

小中学生が今年頑張ろうと思うこと、TOP3は「勉強・受験」「推し活」「恋愛」=キッズ@nifty調べ=

ニフティは12日、同社の子ども向けサイト「キッズ@nifty」が、全国の小中学生289人を対象に実施した、「2022年にみんなが一番頑張ろうと思っていることは?」というテーマのアンケート調査の結果をまとめ発表した。


それによると、小中学生が今年頑張ろうと思っていることのトップ3は、「勉強・受験」28%、「推し活」13%、「恋愛」13%という結果だった。

昨年12月に「キッズ@nifty」が発表した「小中学生が選ぶ2021年の漢字」でも「推」が1位となったが、今回の結果からも改めて小中学生にとって「推し活」が身近なことになっている様子が伺える。

また、「創作活動(小説、イラストをかく)」11%や「友だち関係」11%との回答も上位に入り、子どもたちがそれぞれの目標を持って新年を迎えている様子が伺えた。このほか、「自分みがき」9%、「部活・習い事」7%なども挙げられた。

「具体的に何をしようと思うのか」を聞いたところ、「勉強・受験」では「予習復習で100%分かるようにする」、「受験校を決めるand勉強する、あとはたまに息抜き」が、「恋愛」では「付き合っている彼氏ともっとラブラブになる」、「片思いの男の子と両思いになる」といった声が寄せられた。

また、「部活・習い事」では「フォア打ちができるように頑張る」、「ピアノのコンクールで本選に行って入賞したい」が、「創作活動」では「自分の好きなものを好きなだけ描く」、「上手いイラストを描けるように頑張る」という声が寄せられた。

こうした目標を書きぞめにして書いてもらったところ、受験に向けた決意や、学校のクラスに関すること、将来の夢に向けてなど、目標に向かって頑張る強い決意が伝わる投稿が寄せられた。

この調査は、「キッズ@nifty」の「キッズなんでも相談」のコーナーで、「2022年にみんなが一番頑張ろうと思っていることは?」というテーマで投稿を募集し、集まった回答を集計したもの。集計期間は2021年11月16日~12月2日で、有効回答数は289人。

関連URL

調査結果の詳細

「キッズ@nifty」

ニフティ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方の負担にならない 校務用PCの二要素認証ログイン 指タッチだけで簡単ログイン リモートアクセスも簡単にできる! 詳しくはこちら YubiPlus
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス