1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 企業・学校対抗プログラミングバトル「PG Battle」の優勝者発表

2018年12月12日

企業・学校対抗プログラミングバトル「PG Battle」の優勝者発表

システムインテグレータは11日、「第1回企業・学校対抗プログラミングバトル」(PG Battle)の結果を発表した。

c4dc10e82e同社は、プログラマーが楽しく技術を競える公の場として第1回「PG Battle」を11月17日に開催。

1チーム3人からなる団体戦で、「ましゅまろ」「せんべい」「かつおぶし」という3つのレベルを1人ずつ選ぶ。

レベルごとに4つの課題が出題され、90分以内に4問(チーム合計12問)をプログラミングし、3人の合計点でチームの優劣を競い合う。チームの合計点が同点の場合は、回答時間の短かったチームが勝ちとなる。

「PG Battle」は無料で参加できるイベントで、第1回目のエントリー数は企業の部が169チーム、学校の部が91チームの合計260チーム。当日は「敵前逃亡」するチームがなく、エントリーした全チームが参戦したという。

その結果、企業の部はリクルートコミュニケーションズの「あの人をどうやって外すか後で相談しようね」チームが、3人とも満点の成績で優勝。

学校の部の優勝は早稲田大学の「WAsedAC」チーム。一番簡単な問題をケアレスミスし290点だったが、10位から2位まで国立大学が占めるなか堂々たる勝利だったという。

賞金は、1位12万円、2位6万円、3位3万円分のAmazonギフト券。また、協賛企業賞として、企業の部と学校の部の3位まで入賞の18人全員に、新日鉄住金ソリューションズから超小型PC「Raspberry Pi」がプレゼントされた。

さらに、1位のチームには、アステリアからWindowsタブレット「Surface Go」を1台ずつと、IoTセンサーとIoT基盤「Gravio」を進呈。次回のバトルは2019年9月28日開催予定で、1000チーム参加を目指しているという。

関連URL

第1回企業・学校対抗プログラミングバトル

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
毎日送る あのメールも 時々送る あのメールも 『うっかり送り間違えました』なんて言えないから。 やってしまった…とならないように… WISE Alert メール誤送信対策ツール AIR COMPANY LIMITED
jamf | NATION Tokyo 2021 2/2(火)から3/2(火)まで 参加費無料ウェビナーシリーズ リモートワーク ゼロトラスト リモート・オンボーディング 従業員選択制 遠隔授業 デバイス管理のすべてがここに
NICA(全国ICTクラブ協会) オンライン開催 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ GIGAスクール時代のベストパートナー
  • 通信環境の問題でお困りではありませんか? GIGAスクール構想対応 教育総合ポータル Learning Skeleton AI
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス