1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 企業・学校対抗のプログラミングコンテスト「PG Battle」初開催

2018年9月7日

企業・学校対抗のプログラミングコンテスト「PG Battle」初開催

システムインテグレータは6日、企業・学校対抗のプログラミングコンテスト「PG Battle」を、11月17日に初開催すると発表した。

d7603-16-838440-0「PG Battle」は、年1回のプログラマーの祭典として今後、毎年開催する予定。熱いバトルを繰り広げることで、プログラミングに対する評価と情熱を高めていく考え。

プログラマーが気楽に参加できるので、相対的な順位で自分の実力を知り、スキルアップのモチベーションを得る機会にもなる。また、対抗戦は団体戦なので面白いという。

試験内容は、プログラミングスキル判定サービス「TOPSIC」を使って90分間のうちに4問のプログラムを書いて提出する。

1チーム3人でエントリー。1社あるいは1校で複数のチームが参加可能だが、1人が複数チームに属することはできない。

企業の部と学生の部それぞれで競い合う。3人の合計点数で競う(300点満点)が、同じ点数の場合は解答時間の短い方が上位。本人にはチームの順位と個人の順位も知らせるので、自分の実力も把握できる。

日本語か英語で受験でき、海外からのリモート参加もできる。Java、C#、Ruby、Python、PHPなど現在主流のプログラミング言語に対応しており、最も得意な言語で受験できる。

賞品は企業の部、学生の部それぞれでAmazonギフト券を1位には12万円、2位6万円、3位3万円分を贈呈。

開催概要

開催日時:11月17日(土)13:00~14:40 (15:00以降に解答の正誤確認ができる)
開催会場:会場を使用せず、自宅・自席などからインターネット経由でリモート受験
結果発表:12月1日(土)10:00~12:00(インターネットで生中継)
参加費:無料

詳細

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス