1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 企業・学校対抗のプログラミングコンテスト「PG Battle」初開催

2018年9月7日

企業・学校対抗のプログラミングコンテスト「PG Battle」初開催

システムインテグレータは6日、企業・学校対抗のプログラミングコンテスト「PG Battle」を、11月17日に初開催すると発表した。

d7603-16-838440-0「PG Battle」は、年1回のプログラマーの祭典として今後、毎年開催する予定。熱いバトルを繰り広げることで、プログラミングに対する評価と情熱を高めていく考え。

プログラマーが気楽に参加できるので、相対的な順位で自分の実力を知り、スキルアップのモチベーションを得る機会にもなる。また、対抗戦は団体戦なので面白いという。

試験内容は、プログラミングスキル判定サービス「TOPSIC」を使って90分間のうちに4問のプログラムを書いて提出する。

1チーム3人でエントリー。1社あるいは1校で複数のチームが参加可能だが、1人が複数チームに属することはできない。

企業の部と学生の部それぞれで競い合う。3人の合計点数で競う(300点満点)が、同じ点数の場合は解答時間の短い方が上位。本人にはチームの順位と個人の順位も知らせるので、自分の実力も把握できる。

日本語か英語で受験でき、海外からのリモート参加もできる。Java、C#、Ruby、Python、PHPなど現在主流のプログラミング言語に対応しており、最も得意な言語で受験できる。

賞品は企業の部、学生の部それぞれでAmazonギフト券を1位には12万円、2位6万円、3位3万円分を贈呈。

開催概要

開催日時:11月17日(土)13:00~14:40 (15:00以降に解答の正誤確認ができる)
開催会場:会場を使用せず、自宅・自席などからインターネット経由でリモート受験
結果発表:12月1日(土)10:00~12:00(インターネットで生中継)
参加費:無料

詳細

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 「教育情報セキュリティポリシーガイドライン」対応!教育情報セキュリティならチエル
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス