1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 第3回 企業・学校対抗プログラミングコンテスト「PG BATTLE 2020」10月開催

2020年9月4日

第3回 企業・学校対抗プログラミングコンテスト「PG BATTLE 2020」10月開催

システムインテグレータは、企業・学校対抗のプログラミングコンテスト「PG BATTLE 2020」を、10月24日に開催する。

ITの活用は地球規模であらゆるものに広がり、プログラミングの重要性は日ごとに高まっている。その一方で、プログラミングのスキルを競う場はまだ少なく、プログラミングに向き合い、技術の向上を志す人たちに陽の当たる機会がもっと増えるべきだといえる。

そこで2018年に企画されたのが「PG BATTLE」。3人1チームでプログラミング力を競い合う団体戦で、第1回「PG BATTLE 2018」には260チーム780人、第2回「PG BATTLE 2019」には444チーム1332人が参加して熱いバトルが繰り広げられたという。

「PG BATTLE」は作品を提出して審査する方式ではなく、4つの出題に対して90分間にリアルタイムでプログラムを作成するオンライン競技。同じ条件で一斉に行うプログラミングバトルなので、実力がそのまま結果に表れるガチンコ勝負という点が人気だという。

開催概要

開催日時:2020年10月24日(土)13:00~14:40  15:00以降に正解発表
開催場所:競技は会場を使用せず、自宅・自席等からインターネット経由でリモート参加。
競技内容:
プログラミングスキル判定サービス「TOPSIC」を使って90分間のうちに4問のプログラムを書いて提出する。
参加資格:
1チーム3名でエントリー。1社あるいは1校で複数のチームが参加することは歓迎だが、1人が複数チームに属することはできない。
エントリー期間:2020年7月10日(金)~ 10月11日(日)
参加費:無料
参加部門:
「企業の部」「大学&大学院、高専、専門学校の部(大学と大学院混成可)」「高校・中学・小学の部」の3部門それぞれで競い合う。
問題の種類 難易度の異なる「ましゅまろ」「せんべい」「かつおぶし」という3つの問題があり、3人の中で誰がどの問題を受けるか決める。
順位:
3人の合計点数で競います(300点満点)。同じ点数の場合は、解答時間の短い方が上位となる。本人には個人順位も通知する。
賞品:
3つの参加部門それぞれで、
Amazonギフト券 1位:24万円、2位:12万円、3位:6万円
そのほかに、各部門で飛び賞(賞品)がある。
表示言語:
日本語または英語での受験が可能。海外からのリモート参加も歓迎。
プログラミング言語:
Java, C#, Ruby, Python, PHPなど現在主流のプログラミング言語に対応しているので、自分の最も得意な言語で参加できる。

大会詳細

関連URL

スポンサー企業の募集

システムインテグレータ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス