1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 多摩大、プログラミングスキル判定サービス「TOPSIC」を導入

2019年9月2日

多摩大、プログラミングスキル判定サービス「TOPSIC」を導入

システムインテグレータは8月30日、同社のプログラミングスキルチェックサービス「TOPSIC(トップシック:Test of Programming Skills for International Coders)」が多摩大学に導入され、教育アセスメントに活用されていると発表した。

TOPSICは、実際にプログラムを書かせて、オンライン、リアルタイムで自動採点することでプログラミングスキルを判定。

単なるコーディング力だけでなく、アルゴリズムを組み立てる力や、効果的なプログラミングを行う能力を判定することができるクラウドサービス。2018年1月にリリースされた。

TOPSICを導入した同大経営情報学部では、2年生から始まる必修の「ホームゼミ」を中心に指導しており、情報系ではビッグデータ・統計データ分析系と、3DグラフィクスやVR・Webシステムなどの開発系のゼミを展開。

こうした手作り教育で、TOPSICが教育アセスメントの実践ツールとしてマッチすることから、導入が決まった。

同大では、プログラミング力とアルゴリズム力の両方のスキルアップを図ることができるTOPSICの特徴を高く評価。単なるプログラム言語の勉強ではなく、「プログラミング的思考の学習ツール」としてTOPSICを選定した。

同大では、学生が能動的に学習に取り組めるよう「アクティブ・ラーニングプログラム」という制度を活用して新しい試みを実施してきた。

今回は、この仕組みを使って、講義形式の「TOPSICを利用したプログラミング的思考法の習得」と「企業・学校対抗プログラミングコンテスト『PG BATTLE』参加」が単位取得できる講義として認定された。

今後の展望として、プログラミングやアルゴリズムの学習を面白いと感じた学生が、TOPSICを活用して自発的学習を進められる仕組みづくりを考えているという。

関連URL

TOPSIC

多摩大インタビュー記事

システムインテグレータ

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス