1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「未来の先生展2019」、当日のプログラム200以上を全公開

2019年9月2日

「未来の先生展2019」、当日のプログラム200以上を全公開

未来の先生展2019実行委員会は8月30日、9月14~15日に明治大学・駿河台キャンパスで開催する「未来の先生展2019」のプログラム一覧をホームページで全公開した。

同展は、社会の動向を理解し、自ら学び、専門性を向上させたいと願う教師たちをはじめ、教育業界の関係者が参加し、相互に学び合う教育イベント。

2017年からスタートし、3回目の今年は「不易流行。改めて、21世紀における教育を考える」をテーマに開催する。

テクノロジーからソーシャルまで、明日使える実践から考え方を磨くものまで、日本各地や世界などの幅広い範囲から、改めて21世紀の教育を考える「不易流行」を網羅した要素を集める。

昨年は、現役の教師だけでなく、教育系NPO、教師を志望する学生、企業のCSR担当者など幅広い層が参加。2日間で3000人以上が来場した。

今年の出展団体は、教科教育・芸術・ICT・オルタナティブ教育など幅広い領域をカバーしており、教室での講演やワークショップのほか、ポスターセッション、ブース展示など、合計200以上のプログラムを実施する。

開催概要

開催日時:9月14日(土)~15日(日)、両日とも10:00~18:30(開場9:45)
開催場所:明治大学駿河台キャンパス・リバティータワー[東京都千代田区神田駿河台1-1]
チケット(税込):高校生以下無料、(前売券)一般3000円・学生1500円 、(当日券)一般4000円・学生2000円

チケット購入サイト

詳細

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス