1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アイデミー、新たに「LINEチャットボット開発コース」を開始

2019年1月23日

アイデミー、新たに「LINEチャットボット開発コース」を開始

アイデミーは22日、短期間集中のAIプログラミング家庭教師「Aidemy Premium Plan」で、新たに「LINEチャットボット開発コース」を開始した。

0123-ad同コースは、画像認識技術とLINEチャットボットの開発に特化した内容。プログラミング未経験者でも、実践的なアプリケーション開発が比較的簡単なLINEチャットボットをマスターできる。

また、近年機械学習の中で最も実務に応用されている分野「画像認識技術」も実装できるようになる。

具体的には、LINE Messaging APIを使用してLINEチャットボットを作成できるほか、様々なAPIを駆使したLINEチャットボットを作成できる。また、CNNによる画像認識の実装を学ぶことができ、CNNを実装し画像認識を行うLINEチャットボットを作成できる。

カリキュラムの内容は、Python3基礎、NumPy、Pandas、データクレンジング、データハンドリング、機械学習概論、教師あり学習(回帰)、教師あり学習(分類)、教師なし学習、ディープラーニング基礎、深層学習画像認識、CNN、男女画像認識、LINEチャットボット基礎、となっている。

価格(税抜)は、4週間コース(一般19万9980円、学生17万9980円)、8週間コース(一般29万6980円、学生26万9980円)、12週間コース(一般38万9980円、学生35万9980円)、16週間コース(一般48万1980円、学生44万9980円)。別途、入会金3万円(税抜)も必要。

関連URL

LINEチャットボット開発コース

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス