1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 遠隔授業ソリューションを活用した特別支援学校「プレゼンカップ全国大会」

2019年1月25日

遠隔授業ソリューションを活用した特別支援学校「プレゼンカップ全国大会」

沖電気工業 (OKI) は、同社の遠隔授業ソリューションを活用した「ミラコン2018~未来を見通すコンテスト~第1回プレゼンカップ全国大会」が2月5日に開催されることを明らかにした。

同イベントは肢体不自由で外出が難しい生徒のためのプレゼン大会で、全国肢体不自由特別支援学校校長会が主催して初めて開催される。当日は、応募86校の中から各ブロックの予選を勝ち抜いた7校の高等部生徒が集い、「私の描く未来マップ」をテーマに、自己の経験に基づく視点から「自分の描く未来」にとって必要な社会や地域を提案する。

当日は、東京都立志村学園で行われる全国大会の様子が、OKIのコミュニケーションシステム「ワークウェルコミュニケータ クラウド」を活用した遠隔授業ソリューションで、全国大会出場の7校の教室にリアルタイムで中継される。

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス