1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. SCSK九州、Ruby biz Grand prix 2018で「Device Technology賞」受賞

2019年1月4日

SCSK九州、Ruby biz Grand prix 2018で「Device Technology賞」受賞

SCSK九州は昨年12月13日、Rubybizグランプリ実行委員会が主催する「Ruby biz Grand prix 2018」で「Device Technology 賞」を受賞した。

00「Ruby biz Grand prix」は、Rubyを活用して新たな価値を創造し、さらなる飛躍を期待できるサービスに与えられる賞。4回目の開催となった昨年は、過去最多の40組が応募。

同社は、IoTや組込システム向けの軽量なRuby言語処理系であるmrubyを、産学官のプロジェクトとして、「Ruby言語の生みの親」まつもとゆきひろ氏らと共に開発。

2012年にオープンソースとしてmruby処理系を公開後、2017年にはmruby-IoT開発フレームワークの「Plato(プラトン)」をリリース。「Plato」を使うと、いくつかの簡単な質問に答えるだけで IoTアプリケーションを生成できる。

今回、Bluetooth5を内蔵したGPS・センサーデバイスとLoRaWAN中継機、GUIドラッグ&ドロップでアプリを自動生成する「Plato2-IoTプラットフォーム」を、経済産業省のプロジェクトとして開発した。

これは、電柱やコンテナの管理、流通トレース、子ども・老人の見守りなど、多用途に活用される予定。

同社のこの取り組みが評価され、今回「Device Technology賞」の受賞となった。

関連URL

SCSK九州

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス