1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. SCSK九州、Ruby biz Grand prix 2018で「Device Technology賞」受賞

2019年1月4日

SCSK九州、Ruby biz Grand prix 2018で「Device Technology賞」受賞

SCSK九州は昨年12月13日、Rubybizグランプリ実行委員会が主催する「Ruby biz Grand prix 2018」で「Device Technology 賞」を受賞した。

00「Ruby biz Grand prix」は、Rubyを活用して新たな価値を創造し、さらなる飛躍を期待できるサービスに与えられる賞。4回目の開催となった昨年は、過去最多の40組が応募。

同社は、IoTや組込システム向けの軽量なRuby言語処理系であるmrubyを、産学官のプロジェクトとして、「Ruby言語の生みの親」まつもとゆきひろ氏らと共に開発。

2012年にオープンソースとしてmruby処理系を公開後、2017年にはmruby-IoT開発フレームワークの「Plato(プラトン)」をリリース。「Plato」を使うと、いくつかの簡単な質問に答えるだけで IoTアプリケーションを生成できる。

今回、Bluetooth5を内蔵したGPS・センサーデバイスとLoRaWAN中継機、GUIドラッグ&ドロップでアプリを自動生成する「Plato2-IoTプラットフォーム」を、経済産業省のプロジェクトとして開発した。

これは、電柱やコンテナの管理、流通トレース、子ども・老人の見守りなど、多用途に活用される予定。

同社のこの取り組みが評価され、今回「Device Technology賞」の受賞となった。

関連URL

SCSK九州

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ロボットとならはずかしくない!間違えたって英語で話そう!英会話ロボットはチャーピー Charpy
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!eラーニングでお悩みですか? Matrox
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス