1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ロボジョン社、米国スタンフォード大学専用アクセラレータのStartXに採択

2019年2月1日

ロボジョン社、米国スタンフォード大学専用アクセラレータのStartXに採択

IDATEN Ventures (イダテンベンチャーズ)は1月31日、同社が出資するRobosion, Inc.(ロボジョン、米国カリフォルニア州)が、米国スタンフォード大学の関係者だけから選別されるアクセラレータのStartXに採択されたと発表した。

0201-idロボジョン社は、ロボットと拡張現実を人工知能を用いて融合させ、コミュニケーションのツールを提供するスタートアップで、2017年8月に設立。

ロボジョン社が開発中のソフトウェアを使うと、ロボットと話をしながら英語が出来るようになったり、まるで子どもが砂場やレゴで遊ぶような感覚で、美しいアニメーションをプログラムできるようになるという。

完成したアニメーションを背景に、遊園地にある4次元シアターのように、ロボットを動かすことも計画。語学学習やプログラミング教育で著名なスタンフォード大の元教授マイケル・カーター氏と一緒に開発を進めている。

StartXは、2018 Accelerator Rankingでは、Y Combinatorなどと並んで、トップのランキングを受けている。

公表された資料では、StartXの参加企業は、他の最も良いアクセラレータに比べて、2倍の確率で100億円を超える時価総額となり、85%の参加者は過去8年間で成長中か買収をされている。

StartXは、エクイティを取らないことでも知られており、これまで多くの結果を出して注目を集めている。

ロボジョン社とスタンフォード大は、これまでにも、同大の授業に関連して関係があったほか、人工知能のソフトウェアエンジニアをはじめロボジョン社のチームメンバーの多くは同大に関係している。

関連URL

ロボジョン社(英文)

IDATEN Ventures

町全体でICT化を推進 福島県西会津中学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi オンラインセミナー2020 新学習指導要領を見据えた学校グランドデザインとICT活用を考える 3校の事例講演あり 11/14(土)
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 快適なテレワークに必要なのは、業務用Wi-Fiの活用! ~withコロナ時代に実践企業から学ぶ~ 会期:2020年11月17日(火) 時間:13:00~17:00 主催:マイナビニュース 協賛: FURUNO SYSTEMS WIRELESS NAVI 2020
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス