1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ロボジョン社、米国スタンフォード大学専用アクセラレータのStartXに採択

2019年2月1日

ロボジョン社、米国スタンフォード大学専用アクセラレータのStartXに採択

IDATEN Ventures (イダテンベンチャーズ)は1月31日、同社が出資するRobosion, Inc.(ロボジョン、米国カリフォルニア州)が、米国スタンフォード大学の関係者だけから選別されるアクセラレータのStartXに採択されたと発表した。

0201-idロボジョン社は、ロボットと拡張現実を人工知能を用いて融合させ、コミュニケーションのツールを提供するスタートアップで、2017年8月に設立。

ロボジョン社が開発中のソフトウェアを使うと、ロボットと話をしながら英語が出来るようになったり、まるで子どもが砂場やレゴで遊ぶような感覚で、美しいアニメーションをプログラムできるようになるという。

完成したアニメーションを背景に、遊園地にある4次元シアターのように、ロボットを動かすことも計画。語学学習やプログラミング教育で著名なスタンフォード大の元教授マイケル・カーター氏と一緒に開発を進めている。

StartXは、2018 Accelerator Rankingでは、Y Combinatorなどと並んで、トップのランキングを受けている。

公表された資料では、StartXの参加企業は、他の最も良いアクセラレータに比べて、2倍の確率で100億円を超える時価総額となり、85%の参加者は過去8年間で成長中か買収をされている。

StartXは、エクイティを取らないことでも知られており、これまで多くの結果を出して注目を集めている。

ロボジョン社とスタンフォード大は、これまでにも、同大の授業に関連して関係があったほか、人工知能のソフトウェアエンジニアをはじめロボジョン社のチームメンバーの多くは同大に関係している。

関連URL

ロボジョン社(英文)

IDATEN Ventures

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス