1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ロボジョン社、米国スタンフォード大学専用アクセラレータのStartXに採択

2019年2月1日

ロボジョン社、米国スタンフォード大学専用アクセラレータのStartXに採択

IDATEN Ventures (イダテンベンチャーズ)は1月31日、同社が出資するRobosion, Inc.(ロボジョン、米国カリフォルニア州)が、米国スタンフォード大学の関係者だけから選別されるアクセラレータのStartXに採択されたと発表した。

0201-idロボジョン社は、ロボットと拡張現実を人工知能を用いて融合させ、コミュニケーションのツールを提供するスタートアップで、2017年8月に設立。

ロボジョン社が開発中のソフトウェアを使うと、ロボットと話をしながら英語が出来るようになったり、まるで子どもが砂場やレゴで遊ぶような感覚で、美しいアニメーションをプログラムできるようになるという。

完成したアニメーションを背景に、遊園地にある4次元シアターのように、ロボットを動かすことも計画。語学学習やプログラミング教育で著名なスタンフォード大の元教授マイケル・カーター氏と一緒に開発を進めている。

StartXは、2018 Accelerator Rankingでは、Y Combinatorなどと並んで、トップのランキングを受けている。

公表された資料では、StartXの参加企業は、他の最も良いアクセラレータに比べて、2倍の確率で100億円を超える時価総額となり、85%の参加者は過去8年間で成長中か買収をされている。

StartXは、エクイティを取らないことでも知られており、これまで多くの結果を出して注目を集めている。

ロボジョン社とスタンフォード大は、これまでにも、同大の授業に関連して関係があったほか、人工知能のソフトウェアエンジニアをはじめロボジョン社のチームメンバーの多くは同大に関係している。

関連URL

ロボジョン社(英文)

IDATEN Ventures

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想に対応した MDM VMware Workspace ONE
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス