1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日経FTラーニング、ビジネス英語「Excedo」を法人向けに発売

2019年2月6日

日経FTラーニング、ビジネス英語「Excedo」を法人向けに発売

日本経済新聞社とフィナンシャル・タイムズ(FT)の共同出資会社「日経FTラーニング」は、グローバル・ビジネスで求められる様々なスキルをスマホを使って英語で学ぶ、オンライン研修プログラム「Excedo(エクセド)」を、6日から日本の法人顧客向けに提供開始する。

同プログラムは、語学学習、オンライン教育、スキル開発、そしてデジタル技術のエキスパート・チームが開発。日本と南米地域の約30の企業・250人以上の従業員を対象とした約 18カ月のモニター期間を経て誕生した。

独自のラーニング方法「エクセド・メソッドTM」は、世界経済フォーラムおよび経済協力開発機構(OEDC)により、グローバル・ビジネスのために特定された主要なコンピテンシーに基づき構築されたカリキュラムが組み込まれている。

同プログラムでは、「異文化コミュニケーション」や「顧客との関係構築」などグローバル・ビジネスで必要とされるスキルを、年間10~12コース学習する。

スマホを使い、「いつでも」「どこでも」オンラインで学習でき、通勤などわずかな時間を有効活用して、自分のペースで学習を進めることができる。

法人顧客の人事・研修担当者は、専任講師やランゲージ・カウンセラーから社員の学習者一人ひとりがどのようにプログラムを学び、スキルを高めているかについてフィードバックを受けられる。

1コースの推奨学習時間として月間10時間程度を想定。受講者はまず、企業間の価格交渉といった実際に起きる場面を動画などで視聴し、基礎的なスキルや適切な英語表現を学ぶ。

その後、受講者同士がチャットを使い英語での交渉などに取り組む。最後に、海外の講師を交えたスマホでのTV会議に参加し、学んだスキルを試すような実践的な訓練ができる。

関連URL

Excedo(英文)

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス