1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ママスタジアム、保育園探しをお手伝いする「ママスタ保活」をリリース

2019年2月26日

ママスタジアム、保育園探しをお手伝いする「ママスタ保活」をリリース

インタースペースは25日、同社のママ向け情報サイト「ママスタジアム」で、保育園探しをお手伝いする「ママスタ保活」の提供を開始した。

0226-mms「ママスタ保活」は、自治体・行政・民間団体ごとに分散されている保育園情報を同社が独自にデータ収集し、エリア、駅、現在地および様々な保育条件から保育園を探すことができる情報サイト。

同社が実施した保活経験者のアンケート結果から、最も大変だったのは「保育定員数」が確認しづらいというユーザーの声を元に、希望する駅情報の保育定員数を年齢別月齢別に集計表示する。スマホから確認しやすいMAPデザインを採用。

また、「保育定員数」には、将来どの程度人口が増える見込みかも影響するため、未来のマンション建設情報もデータ収集し、駅ごとにマンション建設情報を表示することで、来年度以降の保育園探しにも役立つ情報を掲載している。

「ママスタジアム」が、2月4日~12日にかけて、保活経験ママ 459人にアンケート調査した結果によると、第一子を預けたいタイミングは4月が多く、「0歳・1歳の4月入園」合わせて約5割。

保活の開始時期は「生後~1歳までの期間」が約5割だが、「妊娠前/妊娠中から」探すママも約2割いた。保活にかかった期間は「約半年程度」が約7割だが、「1年~3年程度」入園までかかったママも約25%いた。

また、第一子を預けるときに認可保育園を希望するママは約9割、認可保育園の待機児童となった経験を持つママは約5割、保活は大変だと感じたママは約8割いた。

保活の情報収集は約7割が直接自治体窓口に行っており、自治体の資料やホームページを参照にしている人が多い。WEBサービスを活用している人は現状3割程度。

関連URL

ママスタ保活

ママスタジアム

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス