1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. BFT、「チョイトレ」で人気の構成管理ツール「Ansible」をイチから構築

2019年3月1日

BFT、「チョイトレ」で人気の構成管理ツール「Ansible」をイチから構築

BFTは、ITエンジニアのための実践型IT技術研修「BFT道場」の月額定額制コース「チョイトレ」において「構成管理ツールを体験 (Ansible初級編)」を3月4日と14日に開催する。

0301-bft「チョイトレ」は、受講者のスケジュールやレベルに合わせて研修を選択することができる、ITエンジニアのための定額制技術研修コース。企業規模に応じた月額定額制で、受講人数や回数の制約がないため、エンジニア一人ひとりに合わせて計画的なスキルアップを実現することができるという。100人未満の企業には月額4万5000円からサービスを提供している。

「構成管理ツールを体験 (Ansible初級編)」は全2回の講座となっており、3月4日は「Ansibleを使ってみる」、14日には「Playbookを作ってみる」のプログラムを用意して、構成管理ツールの中でも導入しやすいと言われているAnsibleをイチから構築していく。

「Ansibleを使ってみる」ではAnsibleサーバを構築するところから実施する。座学形式でAnsibleの概要や特徴を学んだ後、Ansible環境を構築し、Ansibleの基本的なコマンドを使って操作していく。Ansibleサーバからリモートサーバにコマンドを実行することで、サーバクライアント構成を体験してもらう。

また「Playbookを作ってみる」では、Playbookと呼ばれるサーバ定義ファイル (Ansibleで管理するサーバのあるべき状態を定義したファイル) を実際に作成し、Playbookの書き方や文法、ファイルの配置方法など、Ansibleを利用する上で必要となる知識を習得する。Webシステムを想定して複数のWebサーバを構築、また、構成管理ツールの動作を確認するために、実際にサーバ障害を起こして元の状態に戻す動作を確認していく。

研修のゴールは「Ansibleに慣れること」で、新入社員やAnsibleに興味がある人を対象としている。いずれも1回の研修時間は3時間。

関連URL

講座予約サイト

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス