1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Apple、新しいiPad AirとiPad miniを発表

2019年3月20日

Apple、新しいiPad AirとiPad miniを発表

Appleは18日、超薄型の10.5インチのiPad Airと新しい7.9インチiPad miniを発表した。

0320-apAppleのNeural Engineを搭載したA12 Bionicチップにより、新しいiPad Airは、パフォーマンスが70%高速化したほかグラフィックス性能も2倍となり、True Toneテクノロジーを採用した先進的なRetinaディスプレイは従来モデルより約20%大きく、50万以上多いピクセルを持っている。

A12 Bionicチップを搭載した新しいiPad miniは、パワフルなマルチタスキングを可能にし、これまでより3倍速いパフォーマンスと9倍速いグラフィックス性能を届ける。True Toneテクノロジーと広域色をサポートした先進的なRetinaディスプレイはこれまでより25%明るく、どのiPadよりも高いピクセル密度を持ち、どのようなセッティングでも没入感のある視覚の体験を提供する。また、Apple Pencil1に対応した新しいiPad miniは外出先でもスケッチをしたりアイデアを書き留めたりするのに最適なメモ帳。新しいiPadは18日から注文を受け付け、来週からはストアの販売が開始される。

新しいiPad miniとiPad Airは、シルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色、そして64GBと256GBの容量のモデルが用意されている。新しいiPad miniは、Wi-Fiモデルが4万5800円(税別)から、Wi-Fi + Cellularモデルが6万800円(税別)から、そして10.5インチのiPad Airは、Wi-Fiモデルが5万4800円(税別)から、Wi-Fi + Cellularモデルが6万9800円(税別)から、apple.com、Apple Storeアプリケーション、Apple Store、さらにApple製品取り扱い販売店と特定の通信業者からも販売される。

関連URL

iPadファミリー

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス