1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 国語研とワークスの産学共同研究「日本語単語分散表現」モデルを無償公開

2019年3月25日

国語研とワークスの産学共同研究「日本語単語分散表現」モデルを無償公開

ワークスアプリケーションズは22日、国立国語研究所と産学共同研究を実施し、国語研が有する日本語データベース「国語研日本語ウェブコーパス(NWJC)」と、ワークス徳島人工知能NLP研究所の形態素解析器「Sudachi」を使って学習した、実用的な単語分散表現モデルを開発したことを明らかにした。

0325-wks「単語の分散表現」(単語のベクトル表現ともいう)とは、単語の周辺文脈から単語間の関連性や類似性を機械学習して高次元のベクトルとして表現(数値化)したもの。深層学習などの技術においてコンピュータが日本語を意味解析・意味理解する上で欠かせない自然言語処理の基礎技術となる。日本語の単語分散表現モデルは、「単語の区切り」が明示されないといった特殊性や、学習データの不足などが課題となり、実用化にいたる研究は英語などに比較して遅れをとっていると言われる。

今回の共同研究では、「Sudachi」を使用して複数の粒度で分割したコーパスを同時に学習することで、人名や地名、ブランド名、企業名、サービス名などの固有表現の収録数を大幅に拡大。加えて、語の内部構造を考慮して類似度や相関度を学習することで実用性を向上させた。

このたび、第1弾として「複数粒度の分割結果に基づく日本語単語分散表現」モデルを商用利用可能なオープンデータとして無償公開した。同社では、同単語分散表現モデルを活用することで、コンピュータによる日本語の処理能力を向上させ、企業内に眠るさまざまなデータの解析、活用を促進させることを目指している。また、言語資源として広く公開することで、研究機関や技術者が手軽に高度な言語処理を実現できるようになり、自然言語処理研究の推進に貢献できることを期待している。

関連URL

「複数粒度の分割結果に基づく日本語単語分散表現」モデルの公開

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス