1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スカイディスク、人の聴覚特性を模した「AI分析モジュール」提供

2019年4月1日

スカイディスク、人の聴覚特性を模した「AI分析モジュール」提供

スカイディスクは、製造業に特化したAI分析システム「SkyAI(スカイエーアイ)」の分析モジュールのひとつとして、人の聴覚特性を模した分析機能「SkySound(スカイサウンド)」を開発し、提供を開始したと3月29日に発表した。

0401-sd「SkyAI」は、製造現場にあるIoTセンサデバイスなどから収集したデータを整形・分析して作成したAI学習モデルをAPI経由で提供するサービスで、現場のシステムに組み込むことで活用できる。

同社は、「SkyAI」のデータ整形・分析機能をモジュールとして「SkyModule」を開発。「SkyModule」としては、振動分析、要因分析など製造業で利用できるサービスを開発しているが、今回第1弾として、音分析モジュール「SkySound」の提供を開始した。

「SkySound」は、様々な特徴抽出手法を組み合わせ、1分程の音データから1万件以上の大量の特徴データを作成。作成した特徴データは、同社のビッグデータ解析技術を用いて最も効果の高い特徴に絞り込まれ、分析を行う。

特徴作成、絞り込み、分析技術の組み合わせにより、従来の手法では捉えることが難しかった音の特徴も検出できるようになった。

利用方法は、現場を確認し最適な音データの取得方法をコンサルティング→分析用の音データを取得(最低100件以上の音データを取得)する→「SkySound」を用いて評価用AIを作成→評価用AIを用いて精度検証→「SkySound」を組み込んだシステムを開発→開発したシステムを用いて運用を行う。

モーターなどの完成品の検品作業、工場内で音を発生する設備機器の保全、コンクリートの打音検査などに利用できる。

なお、このモジュールを自社で開発しているIoT製品などに組み込んで、新しくAI製品を開発したいパートナー企業も募集している。

関連URL

スカイディスク

9月開催!教育分野 西日本最大 第3回 関西 教育ITソリューションEXPO 会期 2019.9.25(水)-27(金) 会場 インテックス大阪 計31のセミナーを開催 事前申込制
世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
プログラミングの基本が楽しく身につく、toio(TM)の特別ワークショップ資料公開! お得なセット新登場!!
NICA 全国ICTクラブ協会 あたなもプロになれる! Webニュースライター講座
EDIX関西2019 9月25日~27日開催 出展情報・商談予約 出展者特集

アーカイブ

  • Connected Ink 2019 11.27 wed 参加費無料 詳細および登録はこちら wacom
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人 大多和学園 開星中学校・高等学校 すらら×CBT入試
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス