1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スカイディスク、人の聴覚特性を模した「AI分析モジュール」提供

2019年4月1日

スカイディスク、人の聴覚特性を模した「AI分析モジュール」提供

スカイディスクは、製造業に特化したAI分析システム「SkyAI(スカイエーアイ)」の分析モジュールのひとつとして、人の聴覚特性を模した分析機能「SkySound(スカイサウンド)」を開発し、提供を開始したと3月29日に発表した。

0401-sd「SkyAI」は、製造現場にあるIoTセンサデバイスなどから収集したデータを整形・分析して作成したAI学習モデルをAPI経由で提供するサービスで、現場のシステムに組み込むことで活用できる。

同社は、「SkyAI」のデータ整形・分析機能をモジュールとして「SkyModule」を開発。「SkyModule」としては、振動分析、要因分析など製造業で利用できるサービスを開発しているが、今回第1弾として、音分析モジュール「SkySound」の提供を開始した。

「SkySound」は、様々な特徴抽出手法を組み合わせ、1分程の音データから1万件以上の大量の特徴データを作成。作成した特徴データは、同社のビッグデータ解析技術を用いて最も効果の高い特徴に絞り込まれ、分析を行う。

特徴作成、絞り込み、分析技術の組み合わせにより、従来の手法では捉えることが難しかった音の特徴も検出できるようになった。

利用方法は、現場を確認し最適な音データの取得方法をコンサルティング→分析用の音データを取得(最低100件以上の音データを取得)する→「SkySound」を用いて評価用AIを作成→評価用AIを用いて精度検証→「SkySound」を組み込んだシステムを開発→開発したシステムを用いて運用を行う。

モーターなどの完成品の検品作業、工場内で音を発生する設備機器の保全、コンクリートの打音検査などに利用できる。

なお、このモジュールを自社で開発しているIoT製品などに組み込んで、新しくAI製品を開発したいパートナー企業も募集している。

関連URL

スカイディスク

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス