1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. レゴ エデュケーション、プログラミング教材の新製品を発表

2019年4月4日

レゴ エデュケーション、プログラミング教材の新製品を発表

レゴ エデュケーションは3日、STEAM教育に焦点を当てた実体験型学習ツールの製品群に、「レゴ エデュケーションSPIKEプライム」を新たに加えると発表した。

0404-lgこの新製品は、プログラミング言語Scratchを使い、SPIKEアプリを通してレゴブロックやプログラミングツール、コアユニット、センサー、モーターを組み合わせ、制御することができる。

SPIKEアプリには、プログラミング機能に加え、実社会につながる多彩なカリキュラムが収録。カリキュラムは、45分の授業時間で構成されており、教師がSPIKEプライムを授業で活用しやすいよう設計されている。

SPIKEプライムは、デザイナーや教育者、テクノロジーの専門家からなる国際的なチームによる、同社の40年近くにわたる商品開発で培った知見を結集。

現場の教師や教育に携わる専門家達が作成した、STEAMレッスンプランが追加されており、様々なモデルを組み立てることができる。

教師は実体験型のSTEAM学習をカリキュラムに取り入れることで、生徒が授業に積極的に参加し、STEAM関連の各科目に強い関心を持つように導くことができる。

SPIKEプライムの各セットは、523個のレゴブロックで構成。その中には、同社とレゴグループが新たに開発した、革新的な11種類のパーツ「レゴの遊びのシステム(LEGO System in Play)」が含まれており、それらはSPIKEプライムで初めて公開される。

新しいパーツには、「レゴ・テクニック」とレゴのシステム・プラットフォームを基盤とした、体系的な創造性と組み立ての可能性を広げる、インテグレーター・ブロックなどが含まれる。

SPIKEプライムは、日本を含む世界各国で、8月末までに発売される予定。

関連URL

SPIKEプライム

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス