1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. グローバルキャスト、ICT総合コンテスト「子どもみらいグランプリ」を開催

2019年4月5日

グローバルキャスト、ICT総合コンテスト「子どもみらいグランプリ」を開催

グローバルキャストは4日、小中学生向けプログラミング・ICTスキルの全国大会「子どもみらいグランプリ2019」を開催すると発表した。

0405-pr同大会は、教育事業ブランド「G-VaLEd」が主催し、名古屋市教育委員会が後援。参加応募期間は5月1日~6月3日で、7月15日に名古屋市内で全国大会を開催する。2007年から始まり今年で13回目。これまで延べ2万人の子どもたちが参加している。

今年の一般公募では、テーマの「伝える」に沿った作品を、3つの部門で募集。

「CG-ARTS部門」では、「伝える」に沿ったイラストをペイント、Office(Word/Excel/PowerPoint)各バージョンで作成する。CG-ARTS協会(シージーアーツ協会)が、色の使い方や構図、立体感など、CGの観点で優れているかに配慮して作品を選考、最終審査する。

「プログラミング部門」は、子ども向けプログラミング「Scratch(スクラッチ)」を使用してプログラミング作品を作成。優秀者には名古屋市教委から賞が贈られる。

「ロボットプログラミング部門」は、「スタディーノ」を使用して、「日本のおもてなしが感じられる」ロボットをオリジナルで作成。作成したロボットは2分動画(ロボットが動いている動画と一緒に作成者の声で説明を入れる)をYouTubeにアップ。優秀者には名古屋市教委から賞が贈られる。

開催概要

応募期間:5月1日(水)~6月3日(月)まで
応募方法:5月1日に案内(応募はエントリーフォームで)
応募資格:4月1日時点で小学校、中学校に在籍している生徒(インターネット、電子メールで文書のやりとりが必要)、個別応募(団体での応募は受付不可)
受賞者:6月27日(木)に入賞者にメール連絡

詳細

関連URL

グローバルキャスト

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス