1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AIで生物の写真から名前判定、いきものコレクションアプリ「Biome」

2019年4月30日

AIで生物の写真から名前判定、いきものコレクションアプリ「Biome」

バイオームは26日、AI技術で生物の写真から名前を判定するスマートフォン向け無料アプリ「Biome」正式版の配信を開始した。

0430-bio「Biome」は日本国内のほぼ全種にあたる6万3635種の動植物を収録した生き物コレクションアプリ。最新の生物名前判定AIを備えているだけでなく、図鑑・地図・SNS・クエストなど、生き物にまつわるさまざまな機能を備えている。

「Biome」のAI技術は、撮影した場所や時期、写真に写った生き物の形状などをもとに、日本国内の動植物のデータから確率の高い種の候補を瞬時に表示する。投稿した写真は自動で「いきもの図鑑」に登録されるとともに、投稿された情報は、研究機関や行政機関などのしかるべき場所に提供され、環境保全に活用される予定となっている。また、写真を投稿すると、生き物のレア度に応じてポイントが獲得でき、さらにアプリ内のさまざまな条件をクリアすればバッジも貰えるという。

関連URL

「Biome」ダウンロード
iOS版
Android版

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス