1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AIで生物の写真から名前判定、いきものコレクションアプリ「Biome」

2019年4月30日

AIで生物の写真から名前判定、いきものコレクションアプリ「Biome」

バイオームは26日、AI技術で生物の写真から名前を判定するスマートフォン向け無料アプリ「Biome」正式版の配信を開始した。

0430-bio「Biome」は日本国内のほぼ全種にあたる6万3635種の動植物を収録した生き物コレクションアプリ。最新の生物名前判定AIを備えているだけでなく、図鑑・地図・SNS・クエストなど、生き物にまつわるさまざまな機能を備えている。

「Biome」のAI技術は、撮影した場所や時期、写真に写った生き物の形状などをもとに、日本国内の動植物のデータから確率の高い種の候補を瞬時に表示する。投稿した写真は自動で「いきもの図鑑」に登録されるとともに、投稿された情報は、研究機関や行政機関などのしかるべき場所に提供され、環境保全に活用される予定となっている。また、写真を投稿すると、生き物のレア度に応じてポイントが獲得でき、さらにアプリ内のさまざまな条件をクリアすればバッジも貰えるという。

関連URL

「Biome」ダウンロード
iOS版
Android版

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス