1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AIが生物の名前を判定、いきものコレクションアプリ「BIOME」

2019年4月24日

AIが生物の名前を判定、いきものコレクションアプリ「BIOME」

バイオームは23日、スマホカメラでいきものを撮影するだけで名前を判定できる、無料のいきものコレクションアプリ「BIOME(バイオーム)」の事前登録を開始した。

0424-bioBIOMEのAI技術は、撮影場所や時期、画像に写ったいきものの形状をもとに、日本国内のほぼ全種(6万3635種)の動植物のデータの中から確度の高い種の候補を瞬時に表示する。正式リリースは4月26日の予定。

このアプリは、生物名前判定だけでなく、あらゆるいきものを図鑑にコレクションし、新しいいきものを見つけるたびに心が躍る体験を提供する。

いきものの位置を知ることができる「マップ」、いきものの情報を共有する「SNS」、いきものをみんなで見つける「クエスト」といった様々な機能が、現実世界のいきものをもっと身近に感じる手助けをしてくれる。

同社は、世界中の生物の分布情報を集めてビッグデータ化し、環境ビジネスのプラットフォームを構築する事業に取り組んでいる京都大学発のベンチャー企業で、2017年5月に設立。

2018年6月に、経産省が92社を選定した「J-Startup」の1社でもあり、第5回京信・地域の企業家大賞で最優秀賞受賞や、京都市目利き委員会Aランク認定など、様々な受賞歴があるスタートアップ。

関連URL

BIOMEの事前登録方法
iOS
Android

バイオーム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス