1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. すららネット、学年や地域の垣根を越えた「すららアクティブ・ラーニング」を開催

2019年5月9日

すららネット、学年や地域の垣根を越えた「すららアクティブ・ラーニング」を開催

すららネットは、ICTの活用で学年・地域の垣根を越えて全国の参加者が社会課題解決に向け学び合うイベント「第5回 すららアクティブ・ラーニング」を、5月8日~8月17日まで開催する。

0509-srr
同イベントでは、「すらら」導入校の生徒、また一般公募の小・中・高校の生徒が、①WEB上で毎週出題される質問に回答し、議論を深める、②オンラインワークショップで全国の参加者と交流する、③学校・塾でチームを作りレポートを作成する、という3段階のアクティビティを通じ、順を追ってテーマの本質に迫る思考やディスカッションを深め、チームを組んでレポートを完成させる。参加は無料。

今年のテーマは「科学技術の力で、地域を活性化するアイデアを提案しよう!」。経済発展と社会課題解決を両立する「超スマート社会」Society5.0の話題も取り入れ、「科学技術が進歩すれば、都市と地方はどう変容していくのか?」などといった最先端の課題に取り組む。

8月17日のプレゼンテーション大会では、外部有識者を交えた審査員による審査により選ばれた5チームがプレゼンテーションを行い、最優秀チームが選ばれる。

開催概要

開催スケジュール(①②は個人参加、③④は3人1組のチーム参加)
①5月8日(水)~6月4日(火):専用SNS(すららチャットマップ)で質問に回答・議論
②6月8日(土):オンラインワークショップで全国の参加者と交流
③6月5日(水)~7月12日(金):学校・塾でチームをつくりレポートを作成
④8月17日(土):最終プレゼンテーション大会(東京都千代田区の千代田高等学院に招待)
参加対象:小学生~高校生
表彰:最優秀チーム・優秀チーム・特別賞ほか
副賞:有名テーマパークパスポートほか

詳細・申込

関連URL

一般公募の申込み

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス