1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「すららアクティブ・ラーニング」、長崎市の中学1年生チームが優勝

2019年8月20日

「すららアクティブ・ラーニング」、長崎市の中学1年生チームが優勝

すららネットは「第5回 すららアクティブ・ラーニング」最終プレゼンテーション大会を17日に開催、最優秀チームとして長崎県長崎市の中学1年生のチームが選ばれた。

「すららアクティブ・ラーニング」は、参加者がICTの活用により、学年・地域の垣根を越えて社会課題解決に向けて議論し、Society5.0の時代を生き抜く力を育む協働学習イベント。2015年度から毎年開催され、今年が5回目となる。

今年のテーマは「科学技術の力で、地域を活性化するアイデアを提案しよう!」で、専用SNSでの議論やオンラインワークショップを経て、今月17日に東京で最終プレゼンテーション大会が開催され、外部有識者を交えた審査員により参加73チームから選ばれた5チームがプレゼンテーションを行った。その結果、最優秀チームに長崎市の真未来塾「Nagasaki Global Innovators Team B」が選ばれたほか、優秀賞、特別賞が決定され表彰が行われた。

最優秀チームは、「クローズアップ長崎『地域活性化の核となる商店街の取り組み』」と題し、地域の商店街を活性化するための取り組みについて、長崎市の小中高生100名以上へのアンケート結果や、地元商店街組合理事長へのヒアリングに基づき考察を深め、GPSとAIを活用した配達サービスや買い物アプリ、VRを活用した食育イベントなどを提案した。審査員からは、全参加者に対し、今回の提案、プレゼンテーションにとどまることなく、課題解決に向けてさらに実行の取り組みを進めて欲しいとの激励の講評が述べられた。

関連URL

すららネット

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス