1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. オンライン・イベント「すららアクティブ・ラーニング」、8月22日まで開催

2020年5月11日

オンライン・イベント「すららアクティブ・ラーニング」、8月22日まで開催

すららネットは、ICTを活用して、学年・地域の垣根を越えて全国の参加者が社会課題解決に向け学び合うオンライン・イベント「第6回すららアクティブ・ラーニング」を、5月8日~8月22日まで開催する。

Society5.0の時代を生き抜く力を育む協働学習イベント「すららアクティブ・ラーニング」は、2015年度から毎年開催しており、今年が6回目。日本国内だけでなく海外にも広がる「すらら」(ICT教材)導入校の小・中・高校の生徒が、学年・地域を越えて一斉に議論を深める。

「すららチャットマップ」という専用SNSを活用することで、遠隔でも、自宅からでも「他者との協働・対話からの学び」「教科を超えた活きた学び」の機会を創出する。

「すらら」導入校の小・中・高校の生徒が、①WEB上で毎週出題される質問に回答し、議論を深める、②オンラインワークショップで全国の参加者と交流する、③学校・塾でチームを作りレポートを作成する、という3段階のアクティビティを通じ、順を追ってテーマの本質に迫る思考やディスカッションを深め、チームを組んでレポートを完成させる。

今年のテーマは、「政治への関心を深め、政治参加を促進するアイデアを考えよう!」。2018年に選挙権年齢が18歳に引き下げられ、若者の政治参加が期待されているにも関わらず、日本は諸外国と比較し、特に若年層の投票率が低いことが課題になっている。

同テーマについて考え、話し合うことで、どのような取り組みが自分自身、また同年代の仲間たちの政治への関心を高め、政治参加につながるのかについて考える。

開催概要

開催期間:5月8日(金)~8月22日(土)
①5月8日~6月11日(木):専用SNS(すららチャットマップ)で質問に回答・議論
②6月14日(日):オンラインワークショップで全国の参加者と交流
③6月15日(月)~7月10日(金):学校・塾でチームをつくりレポートを作成
④8月22日(土):最終プレゼンテーション大会(東京都内またはオンライン)
参加対象:「すらら」で学習中の小学生~高校生(ID有償提供先)
参加費:無料
特別審査員:NPO法人カタリバ代表・今村久美氏ほか
表彰:最優秀チーム・優秀チーム・特別賞ほか
詳細

関連URL

すららネット

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス