1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「第7回すららアクティブ・ラーニング」結果発表、長崎市の中学生チームが優勝

2021年8月26日

「第7回すららアクティブ・ラーニング」結果発表、長崎市の中学生チームが優勝

すららネットは21日、「第7回すららアクティブ・ラーニング」最終プレゼンテーション大会をオンラインで開催、最優秀チームとして長崎市の中学生3名のチームが選ばれた。

最優秀チーム「Nagasaki Global Innovator TeamB」の発表

同社は、ICTの活用により学年・地域に関係なく社会課題解決に向けて議論し、Society5.0時代を生き抜く力を育む協働学習イベント「すららアクティブ・ラーニング」を2015年から毎年開催している。

7回目となる今年のテーマは「平等な社会を実現するためのアイデアを考えよう!」。専用SNSでの議論やオンラインワークショップを経て、21日に最終プレゼンテーション大会を開催し、参加40チームから選ばれた5チームがオンライン上でプレゼンテーションを行った。

その結果、最優秀チームに長崎市の真未来塾「Nagasaki Global Innovator TeamB」が選ばれたほか、優秀賞、特別賞、奨励賞が決定した。最優秀チームはバリアフリーの問題に着目し、車椅子で街を移動する体験や、車椅子で長崎県庁に勤務している人への聞き取りなどを通じ、自分たちの無意識の思い込みに気づいて考えを深めた。そして、車椅子で外出中、ヘルプカードで必要なサポートを発信できる仕組みなど、サポートを受けるかどうか、どんなサポートを受けたいのか、その人の意思で選択できるようにする必要があると提言した。

<審査結果>
【最優秀賞(全国第1位)】
真未来塾(長崎県長崎市)
チーム名「Nagasaki Global Innovator Team B」
相庭 和花さん、齋藤 優輝さん、諸藤 遥さん
【優秀賞(全国第2位)】
個別学習塾ココテラス(山梨県南アルプス市)
チーム名「ココマル」
【優秀賞(全国第3位)】
英進館 原校(福岡県福岡市)
チーム名「チームTRY」
【特別賞】
ALOHA英会話(新潟県新潟市)
チーム名「SHS」
【特別賞】
英進館前原校(福岡県糸島市)
チーム名「~Olive~」

関連URL

すららネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
採点ナビ

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 定期配送お申込フォーム
  • 学習評価(アセスメント)特集ページ 公正な学習評価を実践するためのヒント集
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス