1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 文科省、「小学校プログラミング教育取組状況の調査」小規模自治体に大きな遅れ

2019年5月28日

文科省、「小学校プログラミング教育取組状況の調査」小規模自治体に大きな遅れ

文部科学省は28日、2020年度からの小学校プログラミング教育の全面実施に向けた取組状況等について把握するため、教育委員会(都道府県教委を除く)を対象として、『平成 30 年度教育委員会等における小学校プログラミング教育 に関する取組状況等について』の調査を行い、その結果を公表した。

0528-mext1それによると、2018年度では2017年度に比べ、プログラミング教育の「授業をしている」が、16.1%から52.0%へと大幅に増加。「研究会や研修会を行っている」が、12.5%から13.6%へ、「担当を決めて取り組んでいる」が、13.5%から29.5%へとそれぞれ増加。

一方、「特に取組をしていない」自治体の割合が、56.8%から4.5%へと大幅に減少したことから、全体として小学校に於けるプログラミング教育はこの1年間で大きく前進したと分析している。

調査では、「特に取組をしていない」を「ステージ0」、「担当を決めて取り組んでいる」を「ステージ1」、「研究会や研修会を行っている」を「ステージ2」、「授業を実施している」を「ステージ3」と分類。

0528-mext2各ステージの取組を自治体の規模、「指定都市・中核都市・市・特別区」が大規模、「町・村・組合」を小規模として分析したところ、ステージ3の取組の比率が、大規模自治体で71.5%、小規模自治体で31.9%と、倍以上の開きがあることがわかった。

また、ステージ3の割合は、「担当者あり」より「担当者なし」が、担当者の「教員経験あり」より「教員経験なし」の方が低いことが分かったという。

教育委員会に教員経験のある担当者を配置して取り組み事が、小学校におけるプログラミング教育推進の第一歩となることが分かった。

文部科学省では今後、プログラミング教育推進のために設置した「未来の学びコンソーシアム」を中として、全国各地の小規模な自治体向けの「プログラミング教育セミナー」の開催や、ポータルサイト(未来の学びコンソーシアム)における情報提供の充実、教員研修教材の普及、未来の学び プログラミング教育推進月間(みらプロ)などの推進に努めるとしている。

関連URL

調査結果の詳細(PDF)

未来の学びコンソーシアム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス