1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 文科省、「小学校プログラミング教育取組状況の調査」小規模自治体に大きな遅れ

2019年5月28日

文科省、「小学校プログラミング教育取組状況の調査」小規模自治体に大きな遅れ

文部科学省は28日、2020年度からの小学校プログラミング教育の全面実施に向けた取組状況等について把握するため、教育委員会(都道府県教委を除く)を対象として、『平成 30 年度教育委員会等における小学校プログラミング教育 に関する取組状況等について』の調査を行い、その結果を公表した。

0528-mext1それによると、2018年度では2017年度に比べ、プログラミング教育の「授業をしている」が、16.1%から52.0%へと大幅に増加。「研究会や研修会を行っている」が、12.5%から13.6%へ、「担当を決めて取り組んでいる」が、13.5%から29.5%へとそれぞれ増加。

一方、「特に取組をしていない」自治体の割合が、56.8%から4.5%へと大幅に減少したことから、全体として小学校に於けるプログラミング教育はこの1年間で大きく前進したと分析している。

調査では、「特に取組をしていない」を「ステージ0」、「担当を決めて取り組んでいる」を「ステージ1」、「研究会や研修会を行っている」を「ステージ2」、「授業を実施している」を「ステージ3」と分類。

0528-mext2各ステージの取組を自治体の規模、「指定都市・中核都市・市・特別区」が大規模、「町・村・組合」を小規模として分析したところ、ステージ3の取組の比率が、大規模自治体で71.5%、小規模自治体で31.9%と、倍以上の開きがあることがわかった。

また、ステージ3の割合は、「担当者あり」より「担当者なし」が、担当者の「教員経験あり」より「教員経験なし」の方が低いことが分かったという。

教育委員会に教員経験のある担当者を配置して取り組み事が、小学校におけるプログラミング教育推進の第一歩となることが分かった。

文部科学省では今後、プログラミング教育推進のために設置した「未来の学びコンソーシアム」を中として、全国各地の小規模な自治体向けの「プログラミング教育セミナー」の開催や、ポータルサイト(未来の学びコンソーシアム)における情報提供の充実、教員研修教材の普及、未来の学び プログラミング教育推進月間(みらプロ)などの推進に努めるとしている。

関連URL

調査結果の詳細(PDF)

未来の学びコンソーシアム

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス