1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. チャオ、AIカメラが「講師と生徒の表情に出る感情」を見える化

2019年5月30日

チャオ、AIカメラが「講師と生徒の表情に出る感情」を見える化

チャオは29日、シンドバッド・インターナショナルの協力の下、メガスタディが展開する「オンライン遠隔双方向教育」で、AIカメラを活用した授業品質の改善や学習効果の向上を目指す取り組みを開始したと発表した。

0530-cha具体的には、家庭教師メガスタディオンラインの「遠隔マンツーマン授業」で、講師と生徒の表情に現れる感情をAIカメラで可視化し、授業中の理解度合い、集中度合いなどを計測。

生徒が理解したことを口頭で告げたとしても、言葉などからだけでは把握しきれない「表情」を計測し、本当の意味での理解ができているかを検証。表情はAmazon Rekognitionの画像解析システムを活用した。

「DISGUSTED:うんざり」、「HAPPY:幸せ」、「ANGRY:怒り」、「SURPRISED:驚き」、「SAD:悲しい」、「CALM:穏やか」、「CONFUSED:混乱」の7項目で、全体を約100点として数値化。表情解析は「動画」でなく「写真」で細かく記録した1秒ごとの写真に対し、6秒間で実施した。

今回の取り組みでは、例えば講師の表情で見ると、実際は怒っていないにも関わらず、「怒り」の数値は62.31点を記録するなど、差異も現れた結果となったが、今後さらに表情解析テストを繰り返し、精度を上げることで、実際に抱いている感情との差異は減少していくという。

両社は将来的に、AIカメラを活用して表情から生徒の集中力や理解度の数値化を行い、その因果関係や授業の改善に活かしていきたいと考えている。

関連URL

チャオカメラ

メガスタディオンライン

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス