1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 肢体不自由者のためのiPad・iPhoneをマウスで操作できる「AMAneo BTi」発売

2019年6月5日

肢体不自由者のためのiPad・iPhoneをマウスで操作できる「AMAneo BTi」発売

テクノツールは4日、iPad・iPhoneをアシスティブマウスで操作できる、世界初のデバイス「AMAneo BTi(アマネオ・ビー・ティー・アイ)」を発売した。

0605-ttアシスティブマウス*1やエルゴノミックマウス*2は、パソコンやスマートフォン、タブレットへの有効な入力手段として用いられているが、iOSはこれらに対応しておらず、アクセシビリティユーザーには「iPadやiPhoneをマウスで操作できたら…」という長年の願いがあったという。

これらのマウスには、頭部の動きで操作するもの、指先、顎、舌などのわずかな動きで操作するものなど、様々な特徴をもつ商品がある。

CSS MicroSystems GmbH(ドイツ)が開発した「AMAneo BTi」は、世界で初めてそれらマウスによるiPad・iPhoneへの入力を可能にした。

「AMAneo BTi」は、テクノツールが販売している装着型ワイヤレスマウス「Zono」や、軽い力で動かせる「ジョイスティックマウス」など、あらゆるアシスティブマウスなどに対応。

また、マウスの左ボタンでタップやスワイプ、右ボタンでAssistiveTouchメニューをひらくことができる。

AssistiveTouchメニューからはアプリの終了やボリュームコントロールなど、様々な操作ができる。Φ3.5mmジャックで外付けスイッチを2つ接続でき、マウスボタンの代わりにできる。

操作性を高めるため、「震え補正」「保持時間」「オートクリック」の3つの補助機能を搭載。すべての機能の補助レベルを10段階で設定できる。

価格は6万2640円(税込)だが、購入時に「福祉制度による助成」(日常生活用具の給付)を受けられる場合があるので、住所地の市区町村に問合わせを。

*1:アシスティブマウスは、四肢麻痺やALS、多系統萎縮症、脳性麻痺などによる重度肢体不自由を抱える人たちのためのマウス。
*2:エルゴノミックマウスは、パーキンソン病や本態性振戦の症状をサポートするマウス。

関連URL

AMAneo BTi

テクノツール

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務情報を安心・安全に利用 校務用PCの二要素認証ログイン 秀明英光高等学校 導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス