1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 韓国語学習アプリ「できちゃった韓国語」、大型アップデートを実施

2019年7月12日

韓国語学習アプリ「できちゃった韓国語」、大型アップデートを実施

JH Mediaは11日、同社の韓国語学習アプリ「できちゃった韓国語」が、様々な褒め言葉や応援のメッセージの追加、勲章・メダル・王冠を授与するなど、生徒を「褒めて伸ばす」大型アップデートを行ったと発表した。

0712-dk具体的には、4連続正解で「대박!(すごい!)」、7連続正解で「한국 사람?(韓国人?)、3回不正解で「아자아자 파이팅!(イケイケ ファイト!)」、5回不正解で「힘내!(頑張って!)」というメッセージと共に可愛いキャラクターが登場し、褒めたり励ましたりしてくれる。

全てのメッセージは、アプリを開発した朴氏のボイス付きで、まるで外国語教室に通っているかのような臨場感が味わえるという。

また、進捗率と連続学習日数のそれぞれ上位30人がランクインする「ザ・ベスト30」で「名誉の殿堂」を追加。進捗率100%を達成した生徒だけが入ることができる。

殿堂入りを果たした生徒には王冠と、質問掲示板で無制限質問できるチケットが与えられる。トップ3にランクインしたユーザーには、金銀銅メダルと、広告非表示の恩恵が与えられる。

さらに、全てのテストステップで復習機能を採用。1度でも間違った問題は後に回して出題されるので、学習効果が高まる。

大型アップデートに伴い、期間限定でコンテンツを均一で販売するキャンペーンも実施。通常9にゃん、14にゃん(「にゃん」は有償通貨)で販売している「特別編」を、13日までの期間限定で7にゃん均一で購入できる。

また、キャンペーン期間中は、ダイレクトに聞ける「朴先生におまかせ!」チケットも通常5にゃんのところを3にゃんで購入できる。

関連URL

できちゃった韓国語

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス