1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. AI通訳機「POCKETALK」が静岡県袋井市の小学校全12校で採用

2019年7月12日

AI通訳機「POCKETALK」が静岡県袋井市の小学校全12校で採用

ソースネクストは、同社のAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク)W」が、17日から静岡県袋井市の小学校全12校で外国人児童の支援ツールとして利用されることを明らかにした。

0712-pt「ポケトークW」は、世界74言語に対応した手のひらサイズのAI通訳機。話しかけるだけで通訳がいるかのように対話ができる。2.4インチの大きな画面にタッチパネルを採用。世界128の国と地域で使える4G対応のグローバル通信機能を内蔵しており、面倒な設定は不要ですぐ使用できる。インド英語やオーストラリア英語などのアクセントにも対応している。

近年、袋井市の小学校では、日本語を話せない外国人児童の編入学が増加しており、巡回配置されている通訳が不在時でも、児童や保護者への支援を充実させるために同製品が導入された。外国人担当教員が授業時間や休み時間に児童とコミュニケーションをとるために利用する。

関連URL

製品詳細

袋井市公式サイト

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス