1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 奈良市、全小学校で導入済みの見守りシステム「ツイタもん」をパワーアップ

2019年7月12日

奈良市、全小学校で導入済みの見守りシステム「ツイタもん」をパワーアップ

奈良市は11日、昨年9月に全市立小学校へ導入した、登下校見守りシステム「ツイタもん」のシステムを機能強化し、パワーアップすると発表した。

0712-nara具体的には、「ツイタもん」に保護者への子どもの校門通過時刻の通知機能を加えるほか、いつどこを通過したかを確認できる位置情報システムの導入に向け、同市立富雄北小学校をモデル校として、2学期から試験運用する。

同市は、「ツイタもん」の運用を、2017年9月からモデル校(都跡小学校・大安寺小学校・富雄北小学校)で開始し、昨年6月には20校に、9月には残りの20校へ導入し、全市立小学校への導入を完了した。

同市の「ツイタもん」加入児童数は1万530人、加入率は67%(6月10日現在)で、そのうち校門通過時刻が通知される有料オプション加入者は3495人(34%)。

「ツイタもん」システムで、徒歩で通学する子どもの位置情報を検知するシステムの導入は、全国では福岡市(3校で導入)に次いで2番目。ICタグ1つで位置情報を検知できるシステムは奈良市が初。

「位置情報システム」の運用開始は8月26日(2学期始業式)を予定。6月下旬~8月上旬にかけて、固定受信機設置作業(校区内15基)を行う。

予算額は、「校門通知システム運用委託料」250万円、「位置情報システム運用委託料」117万円で合計367万円。

関連URL

奈良市「ツイタもん」運用の詳細

奈良市

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス