1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. コンパス、2019年度も経産省「未来の教室」実証事業に採択

2019年7月18日

コンパス、2019年度も経産省「未来の教室」実証事業に採択

AI型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」を提供するコンパス(COMPASS)は17日、経産省「未来の教室」実証事業の「“モデル校”実証」で、昨年度の同事業の実績を踏まえ、今年度も実証事業社として採択されたと発表した。

0718-cps同事業では、東京・千代田区立麹町中学校の協力を得て、「アダプティブラーニングによる知識・技能の習得とSTEAM教育の実践」を行う。

「未来の教室」実証事業は、国際競争力のある教育サービス産業の創出と、日本経済を率いる課題解決・変革型人材「チェンジ・メーカー」を輩出する「未来の教室」の創出を目的に昨年度発足。あらゆる教育現場でのEdTechの開発・実証を推進している。

今年度は、選定されたモデル校で各事業者が3つのテーマの実証に取り組む。同社は、その中で「教科学習」と「探究学習」の2つのテーマで採択された唯一の事業社。

同社の今年度の実証では、教科学習では、昨年度の実証から継続している数学に英語を加えた複数教科での「アダプティブラーニングによる知識・技能の習得」の個別最適化と効率化を図る。

それにより創出された時間では、探求学習として、昨年度と同様に「STEAM教育」を行う。今年度は、実際に存在する具体的な社会課題にまで踏み込み、それを通して数学・英語の複数教科の重要性を学ぶ。

事業概要

実施期間:7月〜2020年2月
実施場所:東京都千代田区立麹町中学校[東京都千代田区平河町2-5-1]
内容:アダプティブラーニングによる知識・技能の習得とSTEAM教育の実践
対象生徒:
・アダプティブラーニング教材の導入:(数学)1年生〜3年生、(英語)2年生
・STEAM教育:2年生
詳細

関連URL

コンパス

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想に対応した MDM VMware Workspace ONE
  • BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス