1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 城南進学研究社、経産省2021年度「未来の教室」実証事業に採択

2022年1月19日

城南進学研究社、経産省2021年度「未来の教室」実証事業に採択

城南進学研究社は18日、経済産業省が実施する2021年度「未来の教室」実証事業に、「塾×スポーツクラブによる放課後サービス創出の可能性についての実証」をテーマに応募し、DeNA川崎ブレイブサンダースとともに採択されたと発表した。

採択を受け、同社は今後、中学校部活動の地域移行の受け皿となり得るサービスの創出に向けた課題と可能性を検証していく。

神奈川・川崎市に本社がある同社は、市内プロバスケットボールクラブ「川崎ブレイブサンダース」など、プロスポーツクラブの存在を同市内の資源と捉え、教育に生かすことを提案。

地域移行についての協議会を主催し、これまでに2回開催した。今後は、1月に第3回協議会、2月に第4回協議会を開催し、今年度中に検討した成果を報告する予定。

「未来の教室」実証事業は、学び手自身が自らの学びを設計していく未来の学び(「未来の教室」)を実現するため、経産省が2018年度から取り組んでいるプロジェクト。

2021年度は、①「未来の教室」ビジョンの実現に関するテーマ、②「地域×スポーツクラブ産業研究会」第1次提言の実現に関するテーマ、③STEAMライブラリー構築に資するテーマ、④「学習ログ利活用」の実現に関するテーマ、の4つを公募。

「地域移行協議会」の概要
第1回:2021年11月25日「部活動地域移行についての協議会」(民間団体・企業編)
第2回:2021年12月21日「部活動地域移行についての協議会」(学校教員編)
第3回:1月29日「部活動地域移行についての座談会」(生徒・保護者編)
第4回:2月18日(予定)「部活動地域移行についての意見交換会」(教育委員会編)

関連URL

「未来の教室」

城南進学研究社

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス