1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネット、3年連続で経産省「未来の教室」実証事業に採択

2022年2月3日

すららネット、3年連続で経産省「未来の教室」実証事業に採択

すららネットは2日、経済産業省の2021年度「未来の教室」実証事業(テーマD:「学習ログ利活用」の実現に関するテーマ)に採択されたと発表した。

今回の実証では、生徒・保護者・学校教員・塾講師の4者間での学習ログの共有と効果的な学習支援を通して、学力向上成果を目指す。

2021年度の「未来の教室」実証事業では、「GIGAスクール構想」で掲げる「個別最適な学び」と「協働的な学び」の実現には教育データの効果的な利活用が不可欠であるという認識のもと、その具体的な方法を模索する実証事業を公募。

同社は2019、2020、2021年度と3年連続で「未来の教室」実証事業者に選定。今回は同実証事業のテーマD「学習ログ利活用の実現に関するテーマ」に採択された。

2021年度は、テーマA(「未来の教室」ビジョンの実現に関するテーマ)でも採択され、長野県坂城高校と共に「探究と個別最適化学習の接続」と「進路目標と関連付けた個別学習計画の設計支援」についての検証・研究を実施中。

今回のテーマでは、大分県玖珠町立くす星翔中学校と学習塾で、生徒のeラーニング教材「すらら」と「すららドリル」上の学習ログを連携・共有し、生徒の学力向上を双方向から支援できる環境づくりを目指す。

具体的には、事業開始時に「すららドリル」のテスト機能を活用して、学力状況把握テストを実施。テストの単元別の正答率をもとに、復習すべき単元を抽出・選定する。

生徒の状況に基づき、学習塾の講師が生徒・保護者に学習カウンセリングを行い、学習計画の策定や実施のための支援をする。学習計画を元に生徒が「すらら」と「すららドリル」を活用し個別に学習に取り組む。

実証の概要
対象::大分県玖珠町立くす星翔中学校(1年生約30人)、「すらら」導入塾(5教室)
内容:
①学校・学習塾間での学習プラットフォームの共有(中学校で活用している「すららドリル」の学習ログを、学習塾と共有して、生徒たちの習熟状況に合わせ、学習塾講師が遠隔で学習フォローを行う)
②生徒・保護者・学校教員・塾講師の4者間での学習ログの共有と効果的な学習支援(専用アプリなどを通じて、子どもたちの学習状況を、保護者もタイムリーに把握できる)

関連URL

すららネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス